人生のテーマが簡単に分かる進行の新月

sponsored link

運勢を考える時に単純ですが、意外と

主観的に当たっているのは進行の進月です。

1日を1年で考えるシンプルな計算です。

普段考える新月と同じように29日半で

動く朔望月の動きを1年に置き替えて、

約30年の流れを考えます。

この占い方は30年後にどうなるかという

よりも、これからの30年間で自分が

どんな生き方をしようとしているのか

分かることです。

自分自身の成長の立ち位置が分かることの

方が時と場合によっては価値があります。

その大きなテーマを軸にして様々な願いを

叶えていくだけであって、その進行の月の

新月のあるハウスのテーマや新月のサビアン

度数の内容に縛られるわけではありません。

例えば第12ハウスに天体が沢山ある

ステリウムやオーバーロードの人であっても

進行の月の新月が第5ハウスにあれば、他人の

見えないところで大いに遊んだり、創造性を

発揮するようなことになり、不思議な体験を

沢山することになります。

sponsored link

具体的に言えば山暮らしみたいなものがあります。

都会に住んでいたら存在すら知ることもない

生き物たちが織りなす幻のような輝きと

戯れるようなものも入るでしょう。

そのような生き方を軸にしていても人間らしい

生活は展開していきます。

恋愛もあれば結婚もあります。

住宅だって購入します。

進行の新月が目的とするテーマはあくまでも

その30年間の軸となるテーマです。

その人が知らない間に追いかけている中心の

テーマです。

そのテーマのスケールを考えたら就職や転職、

結婚といった大きな転機もその流れに自然な

形で組み込まれてしまいます。

日々の運勢は天気のようなものです。

どのような気象条件でもテーマの流れに沿って

進んでいくのが人生です。

雨が降れば傘を用意するでしょう。

あまりに酷い時は雨宿りしたり、避難することも

あります。

それでも自分の命の流れに沿って盛り上がって

何かを達成し、また折り返していくのです。

何かしら大切な感動を手に入れて定着させつつ

また次の頂上(満月)に向かっていきます。

12ハウス別、新月がスタートするハウスで考える人生のテーマ

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!