支配星のハウス別、第1ハウスで考える鬱対策

sponsored link

第1ハウスの本能を元気にすることで

鬱っぽい気分を改善する方法です。

月サイン(星座)の役目である気持ちと

身体の繋がりが原因になることもあります。

第1ハウスが示すような本質は理性や

感情とはまた別物で、あえて例えると

ペットみたいなものです。

適切なお世話の仕方をしないと元気が

なくなります。

第1ハウスの支配星が第1ハウスにある場合

第1ハウスの支配星が第1ハウスにある

タイプの人は、言いたいことを我慢すると

鬱っぽくなります。

基本的にやりたいようにやることで

元気になります。

第1ハウスの支配星が第2ハウスにある場合

第1ハウスの支配星が第2ハウスにある

タイプの人は、預金通帳の数字をチェック

した時に増えていくことが大切です。

何らかの形で五感を満たすと心が落ち着きます。

第1ハウスの支配星が第3ハウスにある場合

第1ハウスの支配星が第3ハウスにある

タイプの人は、他人とコミュニケーションを

図ったり、好奇心の赴くままに行動することが

鬱っぽさ対策になります。

第1ハウスの支配星が第4ハウスにある場合

第1ハウスの支配星が第4ハウスにある

タイプの人は、気の合う仲間は自分が

信じている価値観に従うと安心出来ます。

逆にさぼると病気になったりしますから

注意が必要です。

第1ハウスの支配星が第5ハウスにある場合

第1ハウスの支配星が第5ハウスにある

タイプの人は、冗談ではなく本当に

思い切り遊ぶことで元気になれます。

第1ハウスの支配星が第6ハウスにある場合

第1ハウスの支配星が第6ハウスにある

タイプの人は、折り目正しく生活していると

落ち着きます。

他人から見たら少し窮屈ですが、押し入れ

とかで安心出来たりする場合もあるように

自分の居場所作りが大切です。

sponsored link

第1ハウスの支配星が第7ハウスにある場合

第1ハウスの支配星が第7ハウスにある

タイプの人は、様々なパートナーに影響

されることで安定します。

リスクの大きな構造ですが、パートナー次第では

一人では得られない可能性も同時に手に入れます。

第1ハウスの支配星が第8ハウスにある場合

第1ハウスの支配星が第8ハウスにある

タイプの人は、占い、スピリチュアリズム、

心理学等々深層心理について探求することで

安心出来ます。

第1ハウスの支配星が第9ハウスにある場合

第1ハウスの支配星が第9ハウスにある

タイプの人は、夢を追いかけることで

鬱っぽさが解消しますから、基本的に

強気で生きていく姿勢が鬱っぽさを

解消します。

空元気でも良いですから、元気に振る舞って

みましょう。

第1ハウスの支配星が第10ハウスにある場合

第1ハウスの支配星が第10ハウスにある

タイプの人は、野心を燃やし続けることで

鬱っぽさを回避出来ます。

他人に配慮し過ぎると鬱っぽくなるので

自分の力量に見合った目標を見定めることも

大切です。

第1ハウスの支配星が第11ハウスにある場合

第1ハウスの支配星が第11ハウスにある

タイプの人は、自由にやれることで元気が出ます。

様々なルールを押し付けてくる環境は危険なので

変えてしまうことをお勧めします。

第1ハウスの支配星が第12ハウスにある場合

第1ハウスの支配星が第12ハウスにある

タイプの人は、祈ったり瞑想をすることで

心が落ち着きます。

嘘みたいな話ですが、朝起きてすぐに

このようなルーティンワークを継続すると

一日の流れが良くなります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!