第4ハウスに海王星を持つ男性が選ぶ結婚相手(二宮和也さん)

sponsored link

二宮和也さんのネイタルのホロスコープには

双子座の太陽、天秤座冥王星、水瓶座のセレス

風のグランドトラインがあります。

冥王星は土星とコンジャンクションですから

更に協力です。

このグランドトラインは出世したい気持ちが強い

タイプを作りますが、一人でそれを追及する強さは

持ち合わせていないタイプの人で協力者を求めます。

しかも二宮和也さんのグランドトラインは

第2ハウス、第6ハウス、第10ハウスで

繋がる仕事専用のようなグランドトラインです。

だったら何故仕事を休むのか?

しかも結婚のタイミングです。

このようなグランドトラインは、一般的には

バリバリのキャリアウーマンが結婚を機に

家庭生活に入りますと発表するような

価値観の転換をするアスペクトです。

そこで二宮和也さんのホロスコープを更に

観てみると、このグランドトラインを形成している

第10ハウスの太陽と第4ハウスの海王星が

オポジションでカイトになっています。

これはグランドトラインが作り出した幸運

(仕事での大成功)が第4ハウスの海王星が示す

夢のような家庭生活を実現するためのもの

だったことを示しています。

sponsored link

まだお相手である伊藤綾子さんについて考えて

いませんが、第4ハウス海王星という見えない

不安の多い家庭に対するイメージに負けない

女性と思ったからこそ、二宮和也さんは単なる

恋人ではなく結婚相手に選んだのだと思います。

水のハウスである第4、8、12ハウスに

海王星や冥王星があるタイプの男性は内面に

よく分からない不安を抱えており、それに

負けない強い女性を結婚相手に選びます。

その強さは時に男性自身も扱いかねるものですが、

自分の抱えている不安に対抗出来る女性でなければ

結婚出来ません。

冥王星も厄介ですが、漠然とした不安という

意味では海王星はかなり厄介です。

このようなタイプの男性には芯の強い部分を持った

女性が救いになります。

二宮和也さん自身もかなり気の強い部分が

ありますが、だからこそそのような緊張状態を

代わりに担ってくれる相手でないと安心が

出来ないのです。

二宮和也さんは第12ハウスに月があることも

強いパートナーが必要なことを示しています。

このような内容は不安を抱えた第4ハウス海王星の

男性が結婚相手に選ぶ女性のタイプとして記事に

したい事例です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!