愛されたい第8ハウス金星の可能性

sponsored link

第8ハウス金星のスタンダードな解釈に

付いて書いています。

1、性的なものに強い興味関心を抱くと

同時に多くのエネルギーを振り向けます。

実際にそのような魅力が滲むタイプの人が

多くサイン次第では地味派手になります。

アピール度が高いです。

このようなエネルギーに低次も高次も

ありません。

使い方次第で素晴らしい海王星的インスピ

レーションを獲得出来ます。

2、1の内容と同時に一点に集中する傾向が

あります。

このような性質もある種の鋭敏さを生み出します。

様々な意味で感じ易いということです。

3、「1や2」の資質が良い方向で報われるには

どのような相手と深く繋がるかという問題があります。

愛されたい気持ちが溢れていますから、相手次第で

第8ハウスの金星の運命はまったく変わります。

この変わると言うのは社会的な評価であって

本人自身は愛してくれる相手に夢中になります。

4、「1から3」の傾向を支える感情は嫉妬心や

独占欲です。

このような気持ちを愛されている、愛していると

感じるタイプの人です。

金星は愛情を受け取るキャラクターですから

それが第8ハウスというある種の密室で

育まれるわけですから当然です。

この対極にあるのが、水瓶座の金星や第11ハウスの

金星を持っているタイプの人です。

5、これはおまけですが、8ハウスに金星を

含むようなコンジャンクションや複数の

コンジャンクション(ステリウム)の場合は

本質的には依存心が強くなりますが、日本社会では

組織に忠誠を尽くす大人として自立した人間として

扱われますから、占星術的な解釈と実際の在り方

感じ方のギャップを埋めて考える必要があります。

まとめ

第8ハウスの金星は相手次第、高め方次第で

素晴らしいビジョンを海王星から受け取ることが

出来ます。

それはめくるめくエクスタシーであり、甘美な

ビジョンです。

サイン(星座)との関係でそのニュアンスは

変わりますが愛に集中することがコツです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!