12サイン別、パートナーとの行為の幸福感を高め合う視点

sponsored link

第2ハウスと第8ハウスで考える深い関係における行為

書きましたが、第2ハウスという体を動かす行為が

意味のある愛を生み出すためには、第8ハウスの

意味するところときちんと結び付く必要があります。

これは単なる道徳的な問題ではなく、命の賛歌

とも言えるような素晴らしいエネルギーを

自分に、自分とパートナー二人に引き込むことに

繋がります。

一種の生命エネルギーに満たされるので、

健康状態も良くなります。

健康が増進することで、それに伴う美しさにも

反映されます。

第8ハウスを疎かにすると、第8ハウスの裏テーマ

である執着や憎悪が暴力性となって表れます。

第2ハウスと第8ハウスどちらか一方でも

片手落ちですが、生きている間は肉体を

持っているので、注意点としては、第8ハウスの

意味することを大切にすることがポイントに

なります。

№1、第8ハウスが牡羊座の愛のポイント。

№2、第8ハウスが牡牛座の愛のポイント。

№3、第8ハウスが双子座の愛のポイント。

№4、第8ハウスが蟹座の愛のポイント。

№5、第8ハウスが獅子座の愛のポイント。

№6、第8ハウスが乙女座の愛のポイント。

№7、第8ハウスが天秤座の愛のポイント。

№8、第8ハウスが蠍座の愛のポイント。

№9、第8ハウスが射手座の愛のポイント。

№10、第8ハウスが山羊座の愛のポイント。

№11、第8ハウスが水瓶座の愛のポイント。

№12、第8ハウスが魚座の愛のポイント。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!