明日から魚座の新月の大切なところ

sponsored link

新月は物事のスタートですが春分前の魚座の

新月という意味では、占星術的な1年を

しっかりと終わらせて次の暦の1年に繋げていく

ということになります。

魚座の新月の浄化という意味がかなり

大きな力を持ちます。

しかも今回の浄化の深さはかなりのもので、

同じ魚座の逆行中の水星がある上に

新月が第4ハウスのカスプであるIC付近で

起こります。

ICは先祖代々のみならず、意識が入れる人に

とっては人類そのものの普遍的な意識まで

関わっていくようなパイプです。

現在、コロナウイルスが大変なことになっています。

コロナウイルスの治療に関わった医療関係者が

差別されたりされて問題になっていますが、

深い意識にコミット出来る人たちはそのような

意識の浄化にも関わっていくでしょう。

私も含め普通の人は、自分自身の心の底をきちんと

浄化して春分に向けて心を整えることが出来れば

それで十分です。

sponsored link

ただしこれから先をより実りの多いものにしたい場合は

直近の感情だけではなく心を深く掘ることをお勧めします。

浄化というものは単なる掃除や消毒ではなく清めた結果、

本来持っている良い資質や幸運の輝きを取り出すことです。

忙しさの中で忘れてしまっていた大切なこと、人、ものが

何かを手に取った瞬間イメージが広がることもあるでしょう。

そのようなものと出会ったら迷わず手に入れましょう。

新しいエネルギーの導入部分になります。

浄化は新しいスタート地点に立つ準備も含みます。

準備という視点がなくただネガティブなものを

捨てるだけと考えると色々と出遅れます。

出遅れるだけなら後で追いつけば良いですが、

幸せは競争でも結果でもなく身にまとう雰囲気の中に

あります。

そのような見えない感じるエネルギーはそれらを

集めてくれるようなアンテナがなければ、無いのと

同じです。

そのような状態は魂と現実のスクエアのような

状態で緊張しています。

そうではなくしっかりと曖昧なものを感じることで

様々な成果と調和(トライン)の状態を作ります。

これが本当の浄化です。

少し自分の心を深く掘って必要なものをいくつか

取り出して下さい。

きっと良いことがあります。

12サイン別、浄化する方法

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!