心を良いコンディションに保つ視点の作り方

sponsored link

太陽星座は公的な顔で月星座はプライベートと

言われても、人の心はスイッチで切り替わる

ロボットみたいなものではありません。

社会的な立場からこそ得れらる豊かさもありますし、

プライベートが充実するからこそ良い影響が

出る部分もあります。

どちらかが大切ということではなく両方から

得られる様々なものが上手く循環してくれる状態が

ハッピーなわけです。

その辺りを上手く調整しながら豊かにしてくれる

ポイントが太陽と月の中間度数(ミッドポイント)

という言い方も出来ます。

ネイタルのホロスコープにある太陽と月の中間度数

(ミッドポイント)とのアスペクトのある天体や

感受点だけが意味があるのではなく、トランジットの

天体やソーラーアークの天体とのアスペクトも

影響を与えます。

この太陽と月の中間度数(ミッドポイント)をより

上手く生かすためにも太陽と月の関係性も

理解しておくとどれくらい能動的に働きかけるか

加減するイメージがつかみ易くなります。

ホロスコープには沢山のポイントがありますが、

太陽と月の組み合わせはその人のエンジンみたいな

ものですから、ここが上手く動かないとどんなに

素晴らしいアセンダント(容姿)、能力(火星)、

チャーミングポイント(金星)、知性(水星)を

持っていても自分にとっての良い運勢に上手く

進んでいけません。

sponsored link

もちろんエンジンだけが元気よく回っても

表現する部分もないと内面の圧力が高まって

爆発、暴発してしまいますから持ちつ持たれつ

関係になります。

太陽星座と月星座の関係はホロスコープを

72分割して丁寧に考えるとアスペクトが

なくても考えることが出来ます。

その人のエンジンとも言える太陽と月の

組み合わせがどのハウスで起こっているか

ということもとても重要です。

例えば太陽と月の中間度数(ミッドポイント)が

どのハウスにあるかでミッドポイントの示す

内容を具体的にどのように扱うかとても

考え易くなります。

太陽と月のエネルギーを上手く循環させるポイント

からエネルギーが漏れたり、逆にアスペクトのある

天体や感受点から別のエネルギーが混入したり

しても太陽や月の働きは違ってきます。

人の心を自動車で例えてしまいましたが、太陽や月の

あるハウスだけではなく、その他の天体や感受点の

あるハウスによってその人は飛行機かも知れませんし、

潜水艦かも知れません。

ホロスコープの多様性を考えると地球上の様々な

生き物と対応して考えると良い部分(魂レベル)も

ありますが、社会的な生き物としてルールの中に

収まっている間は乗り物として考えると分かり

易いかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!