仕事のモチベーションを再確認する方法

sponsored link

仕事に関して悩むケースも色々ですが、根本的な

問題はモチベーションの維持ではないでしょうか。

仕事が合う合わないは、ある意味若い時期の

悩みであって余程のプロフェッショナルな

存在でない限り、自分を仕事に適応させていきます。

これは恥ずかしいことでも、残念なことでも

ありませんし、その仕事を自分流でやれるだけでも

かなり魅力的に映ります。

モチベーションを見失ったら、再度確認

してみるしかありません。

簡単に確認するには、MCとICをセットで

見ることです。

アスペクト解説とかは、オポジションを否定的に

書く場合が多いですが、これがないと前進する

力が生まれません。

仮にオポジションのアスペクトが一つもなくても、

MCの裏側(オポジション)にICがあります。

MCで社会的な立場を考えるのは当然ですが、

モチベーションですから問題はICです。

なぜ、そのような目標(MC)を持とうとしたのか

ということがICにあるのです。

例えばMCが、蟹座の人がいます。

このような人は、度数も見なくてはいけませんが、

サイン全体から言えば、蟹座的な安ぎの実現を

仕事の内容に求めます。

MC蟹座を取り上げるのは、仕事のモチベーションを

見失い易いからです。

ある程度上手くいって心が満たされると、普段でも

蟹座らしくガツガツしないのに、余計に頑張る

意味が消えていくのです。

仕事は勢いが付いてきたところで更に畳みかけるのが

美味しいところなのに手を緩めてしまうのです。

MC蟹座のオポジションであるIC山羊座は、

抑圧的で結果に対してドライに割り切ります。

辛さの克復、癒し、反動等としての目標がMCに

反映されるのです。

このような流れでICを再確認すれば仕事の動機を

再確認出来ます。

言い方を変えれば、ICと照らし合わせて、今の仕事は

役に立たないと判断すれば違う方向に行けば良いのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!