パートナー次第で運が変わる内容を知りたい場合

sponsored link

パートナー次第で運が変わる要素は、誰にでもあります。

そのような部分があるからこそ、第8ハウス(結婚生活)を

通して生まれ変わるような機会を得ることが出来ます。

パートナー次第で運が変わる要素をどのように扱うか

次第で二人の運命は変わって来ると言っても

言い過ぎではないかも知れません。

相性部分については別に考えます。

言い方を変えれば、相性が良かろうが悪かろうが

お互いの影響で変わっていく部分です。

これは翻って二人の運やそれぞれの運に変化を与えます。

基本的なものは以下の2種類になります。

1、第7ハウスの支配星がどこどこのハウスにある場合。

これは12パターンあります。

2、○○ハウスの支配星が第7ハウスにある場合。

これも12パターンあります。

大きく分けるとこの2種類ですが、1の場合は、

第7ハウスのカスプのサイン(星座)によって

支配星の天体が変わります。

2の場合は、○○ハウスのカスプのサイン(星座)に

よって支配星の天体が変わります。

当たり前ですが、この天体の種類によって影響や

意味合い、パートナー次第で変化する内容が

かなり異なります。

1と2が12種類ずつあって、尚且つ天体は10天体は

ありますから、単純に考えれば240種類です。

sponsored link

第7ハウスの支配星が第2ハウスにある時を

取り上げましたが、この支配星が太陽なのか月なのか

はたまたその他の天体なのかでかなり重要度合いや

意味合いが変わっていきます。

重要な天体であればあるほど良い影響に転じた時の

発展性は大きくなりますし、その逆も然りです。

パートナー次第でどのように運が変わるのかは

自分サイドや相手サイドだけ単独で考えても

かなり深いものがあります。

その他にも支配星のサイン(星座)やアスペクト、

そして実際にパートナーがいる場合は、その支配星と

パートナーの間にどのような相性があるのか

ということまで読み取ることで、どのように

パートナーに影響を受けるのか、そしてそれを

どのように生かすのか具体的に考えることが出来ます。

詳細に知ろうとするとかなり煩雑なのでプロの人に

見てもらうのもありです。

240種類に加えてサイン(星座)、アスペクト、

相性まで加えるとこのブログで到底書き切れるものでは

ありませんし、書いている人間が思いつくまま

気の向くまま書いているので全てを書く可能性は

ほとんどありません。

書いてはいきたいと思ってはいますが、いつの日に

なるのかは分かりませんし、それぞれの人の詳細な内容や

ましてや相性に関することは大袈裟ではなく無限にあります。

しかしこのように支配星絡みは結構、大きなポイントです。

第12ハウスという無限の豊かさを自分の意思で

引き込むことで生まれ変わるような経験、愛を作り出す

場所が第8ハウス(結婚生活)です。

その前に第4ハウスにも流れ入りますが、ここでは

取りあえず現世的に育つ場所、育成される場所です。

自分の意思では、コントロール出来ません。

そして結婚生活でもお互いが変わる部分と誰と結婚しても

変わらない部分もあります。

相性の影響でパートナーとなる相手を変えれば、かなり

人生が変わる気がしますが、本当に変わる部分は

上に上げたような部分で後は気分的なものです。

第12ハウス的幸運術と太陽や月を中心としたエゴを

適切にバランスを取ろうとすると、二人にとって

影響を与え合う部分です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!