「占星術水星が多くの星とアスペクトとコンタクトしてる」という検索

sponsored link

「占星術水星が多くの星とアスペクトと

コンタクトしてる」という検索履歴が

上がってきました。

この検索キーワードでブログ内検索をしても

何も上がってこないので、簡単に書いてみます。

以前、書いたことがあるような気もしますが、

去年の暮れだけで2000記事、その前には

ブログ自体を一回消滅させてしまっているので

その記事が残っているかどうかも分かりません。

さて時間が無いので取りあえず簡単に書きますが、

大雑把に言うと脳内の思考が止まらない

タイプの人になります。

ソフトアスペクトばかりの場合

特にソフトアスペクトばかりだと、ひたすら

あーだ、こーだとエンドレスで考えるだけで

結論が出ないタイプの人になります。

考えるために考えるようなところがあって

文筆業を初め何かを表現するためのアイデアを

考えるには良いですが、せっかちで実務的な人から

したら結論が変わり続けたり疲れる話し相手です。

結論よりも考えるプロセス自体が楽しいので

仕方がありません。

sponsored link

ハードアスペクトが多い場合

水星のアスペクトが多くてもハードアスペクト、

特にオポジションがあるとどこかで結論が

出て来るので実用性のある知性になります。

まとめ

水星とアスペクトが多いか少ないかだけでは

このようにざっくりとした感じしか分かりませんが、

1、それぞれのアスペクト。

2、それぞれの星座の組み合わせ。

3、水星を入れた複数の天体のコンビネーション。

4、水星がどこのハウスを支配しているか?

水星は双子座と乙女座のハウスを支配しますが、

それが何ハウスかということです。

5、水星のハウス、サイン(星座)

等々さらっと確認するだけでも何となく理解出来ます。

水星がアセンダント付近にあること、その他アングルの

近くにあれば生まれたとき逆行していたかとか

考えると切りがありませんが、雰囲気が分かれば

良いなら、5と1だけでも良いかも知れません。

どちらにしろ、何かを考える装置が頭についている

ようなものです。

知性に特定の個性がついてしまうので興味関心や

素早く理解出来ることとそうでないことの差が

大きくなります。

純粋に知性が働き易いのはアスペクトの無い水星です。

水星のアスペクトが多い人は自分の知性の個性や癖の

動きを理解してそれを生かせる分野に携わることで

かなり評価が変わってきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!