月星座別、不安と希望

sponsored link

月(星座)は、無意識を通して魂と身体を

繋げています。

不安を感じると繋げる力が弱くなくって

心細くなります。

希望や喜びを感じると最も身近なスピリチュアルな

存在である魂を通して自分以外の様々な存在から

エネルギーが供給されます。

俗に言う運の良い状態です。

月星座が牡羊座の人

牡羊座の人は、見えない力を最もダイレクトに

受け取ることが出来るタイプの人です。

ただ強いバイブレーションを受けるので

善悪の判断をする前に何かにインスパイアされます。

不安な時は変なものを引き込んでいます。

神がかっている時は良いものを吸い込んでいます。

12月星座すべてを書く都合で単純に良い悪いで

書いていますが、実際は普段、自分が育てている

自分がアンテナとして働いています。

スピードや元気とか言われる月星座が牡羊座の人は、

けっこう大人しかったり地味だったりする時間は

多いものです。

その時間の過ごし方で寄せるものは変わります。

知らない人や行ったことのない土地、初めて

取り組むこと、突然の出会い等々でスイッチが

入ってからでは間に合いません。

普段の過ごし方が大切な月星座ナンバーワンです。

月星座が牡牛座の人

月星座が牡牛座の人は、基本的に落ち着いた人が

多く感情の不安や高揚といった波の少ない

タイプの人です。

その代わりと言ったらなんですが、自分だけの

こだわりが強いので一度決まった好みからは

変更が利きません。

この部分が不安に絡めとられるとかなりピンチです。

心を開くことが出来るのであれば親友を

はじめとする信頼出来る人に相談することです。

あくまでも一人で何とかしないといけない場合は、

心の中からこだわりを無心、まっさらな状態に

なってみることをお勧めします。

その時にどのような内なる声が聞こえてくるのか?

どんなイメージが浮かんで来るのか?

これらに従ってみることです。

もしその声やイメージが理性的に判断して自分に

不利益をもたらすものであれば、もう一度やり

直して下さい。

月星座が牡牛座の人は、無意識を納得いくまで

掘り進めることが大切です。

sponsored link

月星座が双子座の人

月星座が双子座の人の不安は、繊細な神経が

何をキャッチするかです。

月星座が双子座の人はネガティブな自分と

ポジティブな自分の2面性があると思っている

人が多いですが、繊細さが明るいものを拾っている

時は好奇心として表れているだけであって

別に2重人格ではありません。

明るいものを次から次へと拾っている時は

興味関心に任せて様々なものに手を出します。

可能な限りポジティブでいるためには、

月のカバーする日常的なことを大切にすることです。

ネガティブとポジティブな状態が交互に来るように

見えるのは、好調な時に生活の基本的な部分が

疎かになることによって疲れが溜まってしまうことが

原因のほとんどです。

心身の負担の限度を超えるとポジティブな状態に

戻れなくなるので意識的に自分をケアする習慣を

作ることをお勧めします。

月星座が蟹座の人

月星座が蟹座の人は、気持ち(スピリチュアルな

部分まで含めて)に入って来た違和感を排除

するために不安になります。

実際に泣いてしまうかも知れません。

それは怒りを感じている場合もあれば、ただただ

悔しいからということもあります。

大切な何かを誰かを失って悲しい場合もあるでしょう。

気持ちの中に侵入してきた様々な違和感は、

甘えられる人の前で吐き出してしまうしかありません。

早目に気持ちの中から追い出してしまわないと

こじれてしまいます。

他人の心に自分がキャッチした異物をパスしてしまう

やり方ですが、普段の月星座が蟹座の人はその

甘えられる人に対してとても優しくしているはずです。

もし、普段優しく出来ていなければまずいです。

だからと言って他人に関わろうとしない月星座が

蟹座の人は、もっとまずいです。

そう言ってもそれが出来ない場合もあるかも知れません。

そのような場合は尊敬出来る人について考えてみて下さい。

月星座が獅子座の人

月星座が獅子座の人の不安は、過去を捨てることで

消えていきます。

どんなに落ち込んでも明るい局面に移るための

ステップみたいなものです。

このような当たり前のことが可能なのは、月星座が

獅子座の人は、自分にとっての正しさがあまり

ぶれないからです。

希望は自分の気持ちに意識を集めていると自然に

感じられます。

内面から強く感じる時もあるでしょうし、誰かから

励まされることもあるかも知れませんが、それは

内と外の違いであってあまり違いはありません。

月星座が乙女座の人

月星座が乙女座の人は、普段から知らない間に

少し緊張した状態にありますから冷静でもあります。

簡単に浮かれられない体質なのです。

だからこそ普段からコツコツと頑張っています。

この普段から積み重ねたゆとりがある基準を

越えて少しずつ流れ出すと自然と希望として

蓄積されていきます。

そしてある程度ゆとりが溜まったら少し警戒心を

解いてみて下さい。

無意識から普段抑えていた本当の希望が顔を

出すかも知れません。

月星座が天秤座の人

月星座が天秤座の人は、無意識が不安に

染められると悪い意味で相手に合わせ

過ぎてしまい自分を見失って余計に

不安になります。

このような時は、自分の内面の動きを

コントロールして出来るだけ外側に関心を

持っていくと新しい希望が見つかります。

楽な相手、優しい相手以外の人に向かい易い

自分を止めてみて下さい。

力が蓄えられるはずです。

既に利用可能な力がある人は、それを使って

みて下さい。

そのような行為が月星座が天秤座の人にとっては

新しい希望になります。

月星座が蠍座の人

月星座が蠍座の人は、世の中に落ち着いて対処

しているだけであって喜怒哀楽がないわけでは

ありません。

しかし主張するべき時は主張しないと不満が

不安に変わっていきます。

不安は嫉妬や自分が理解されていないという感情を

作り出してしまいます。

このような状態を抜け出して希望を感じるために

沢山の愛情を必要としますから恋人やパートナーの

様子をしっかりと見ています。

月星座が蠍座の人に希望を持たせてくれるのは

同じように月星座が蠍座の人をしっかりと

見ていてくれるタイプの人です。

月星座が射手座の人

月星座が射手座の人は、希望の塊のような状態が

ノーマルですが、能力を発揮する時や目標を

追いかける時に最も希望に満ちた気持ちになります。

では、どんな時に不安になるかと言うと物事が

完成してしまったと勘違いした時です。

月星座が射手座の人は、夢を見失った状態が

続くと不安を通り越して精神のバランスを

崩してしまいます。

様々なことに首を突っ込みながら触発されることが

とても重要なタイプの人です。

月星座が山羊座の人

月星座が山羊座の人は、不安が高まると

人を信じられなくなります。

もし一人であれば、ありのままの自分を

認めて上げて下さい。

恋人やパートナーがいたら優しく抱きしめて

もらって下さい。

最後まで頑張り抜く気持ちが戻ってきます。

これが月星座が山羊座の人の希望です。

月星座が水瓶座の人

月星座が水瓶座の人は、不安を感じる前に

先に体調不良を起こします。

体が冷えたり、寝つきが悪くなったり、なんとなく

食欲が落ちていたり、月(星座)ですからこのような

状態に無意識になります。

月星座が水瓶座の人自身は不安を感じないように

思うでしょう。

身体を削って何かを得ているタイプの人です。

月星座が水瓶座の人の希望は、誰かに誠実に

なることで見つかります。

月星座が魚座の人

月星座が魚座の人は、きちんとしようとすると

不安が大きくなります。

不安を感じ始めたら一度ぐちゃぐちゃと

散らかしてみることもありです。

それは月星座が魚座の人にとってはリセットして

やり直すことを意味しています。

これは自分を守るために防衛的になり過ぎても

同じです。

人が好過ぎて騙されて疑心暗鬼になり過ぎて

不安になっても、否、だからこそ誤解を恐れずに

主張することで気持ちが明るくなります。

その時に希望を感じているはずです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!