サイン別、ノード軸という母なる世界を快適にするコツ

sponsored link

ノード軸という母なる世界は、魂が成長するための

ゆりかごみたいなものです。

ノード軸は、ドラゴンヘッドとドラゴテイルの

オポジションの組み合わせです。

ドラゴンヘッドは、今回の人生の課題であり

時間軸では、未来とも言えます。

ドラゴテイルをそれまでに身に付けた資質であり

時間軸では過去とも言えます。

この過去には、過去世と言った輪廻転生という考え方を

受け入れない人からすればノード軸自体があり得ない

概念とも言えます。

受け入れられる場合は、過去世と現世のオポジション

(進歩、成長)出来るものは魂しかありません。

ノード軸を魂のゆりかごと言うのは、そのためです。

身体は、その人生が終われば朽ち果ててしまいます。

そのように考えると否定的な解釈を書かれることもある

ドラゴテイルですが、ドラゴテイルがバックボーンにあって

今回の人生の課題(ドラゴンヘッド)に取り組むと言えます。

ただしドラゴテイルは、受動的な働きになります。

ドラゴヘッドが表す人生の課題に能動的に取り組むためです。

そうやって今回の人生を生き抜くことになります。

魂は、今回の人生の課題をやり抜くことで成長しようと

しますが、実際に手足となるのは、個人天体と個人天体に

アスペクトを作ることで作用する世代的な天体です。

sponsored link

この世で魂が収まっている母なる世界(ノード軸)は、

どのようなものなのかは、サイン(星座)の組み合わせで

考えますが、その世界は生きて現実に触手(個人天体)を

伸ばし成長するための要素を獲得しようとしていますから

天体や感受点とのアスペクトも大切です。

どんな時でも動き続けようとする母なる世界です。

ドラゴンヘッドとドラゴテイルがどのような組み合わせに

関係なくノード軸の両端のサイン(星座)がなければ

反発し合わなければ母なる世界は消えてしまいます。

牡羊座と天秤座の組み合わせの母なる世界は、

活動し続けることが大切です。

牡牛座と蠍座の組み合わせの母なる世界は、

増やし続けることが大切です。

双子座と射手座の組み合わせの母なる世界は、

拡散と収束を繰り返し続けることが大切です。

蟹座と山羊座の組み合わせの母なる世界は、

拡大と収縮を繰り返し続けることが大切です。

獅子座と水瓶座の組み合わせの母なる世界は、

常識を否定し自由を求め続けることが大切です。

乙女座と魚座の組み合わせの母なる世界は、

拡散と集中を繰り返し続けることが大切です。

まとめ

魂が居心地良く暮らしながら現実に魂が求める価値を

作り上げていくには、バランスが大切です。

このバランスの難しさは、現実に伸ばしている

天体や感受点のアスペクトが人によって異なるからです。

自分自身の正解を求め続けることが大切です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!