秋篠宮様の結婚容認発言の影にあるもの

sponsored link

今日は、秋篠宮様の55歳の誕生日です。

半影月食の双子座の満月の影響はを早ければ4日、5日

前から受ける人もいますが、秋篠宮様の「眞子様の結婚容認発言」

をよくよく聞くとやはり状況次第な部分があって双子座満月の

雰囲気を感じます。

秋篠宮様の太陽は、満月の射手座太陽とコンジャンクションであり

秋篠宮様のドラゴンヘッドは、双子座満月とコンジャンクションです。

国民に伝わる形で「眞子様の結婚容認発言」をするのにこの

満月前後は持ってこいのタイミングです。

12ハウス別、素晴らしい出会いをするための努力のポイント

という記事を書きましたが、眞子様の第1ハウスの支配星は、

第3ハウスにありますから、活発な言動を繰り返すことで

運が強くなっていきます。

眞子様の第1ハウスの支配星は、太陽(天秤座)です。

秋篠宮様も太陽(射手座)は、第3ハウスにあります。

お二人共コミュニケーション重視のキャラクターになります。

秋篠宮様にとって第3ハウスの太陽は、第12ハウスの

支配星になりますから皇族の一員として生き続けることで

蓄えられてきた何らかのイメージを元に行動したり

意見を述べるタイプの人です。

秋篠宮様と眞子様は、皇族ですからこのような形で

国民に伝わる形になりますが、今回の事態は問題が無ければ

お二人の一連の言動は無かったものです。

これはある意味結婚に関する親子の会話と言えます。

秋篠宮様を娘の結婚問題で苦悩する父親という視点で考えると

やはりお二人の場合は、第3ハウスの太陽が接点になる

かも知れません。

sponsored link

秋篠宮様の太陽は、ドラゴテイルとコンジャンクション

していますから自分自身の意図を表現するのに、自分の自我を

通して行うことが出来ずに誰かを通してそれを行う必要があります。

このような視点で秋篠宮様と眞子様の対話を考えると対立どころか

眞子様が秋篠宮様の意図をきちんと実現するように秋篠宮様が

リードしているのが理解出来ます。

それは積極的に結婚を後押しするとかの問題ではなく皇室全体の価値に

関わって来るような問題(将来の天皇としての悠仁親王等)を考えた上での

眞子様の結婚問題なのでしょう。

ですから秋篠宮様にとっては、納得出来る条件が揃えば本心から

眞子様の結婚については問題ないのかも知れません。

秋篠宮様のアセンダントは、冥王星と天王星のコンジャンクションが

ひっついています。

これは世代的なアスペクトで破壊と創造を行うものです。

秋篠宮様は、このアスペクトがアセンダントにコンジャンクション

していますから何かの破壊と創造を行うために誕生したと言えます。

しかし太陽とドラゴテイルがコンジャンクションしている

秋篠宮様は、自分自身が表だって動けませんから眞子様の存在を

通してご自身の使命を果たそうとする流れになっているのでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!