愛情関係が苦手な人が上手くいく時の相性

優れた才能を持っていても気付き難い若しくは

活かし難いアスペクトにリリスと火星の

ハードアスペクトがあります。

このようなタイプの人は、能動的に愛する姿勢を

素直に示すことが難しく愛情関係を継続させる

ことが難しい面も抱えています。

個人としては、扱い難いアスペクトの部類に入る

のですが、このようなアスペクトを持っていても

パートナーとの相性次第では、愛情関係を継続

することは難しくありません。

先ずは自分自身の火星の性質(星座)と相性の良い天体や

感受点を持つ恋人やパートナーであることです。

このような火星を持つタイプの人の火星は、他にも

ハードアスペクトを抱えていることも多く能動的に

愛することが難しいだけでなく自分自身の才能を

過小評価することが多く結果的に才能は伸びずに

活かされない状態、若しくは一時期熱心に取り組んだ後

放置され宝の持ち腐れになっていることもあります。

このような状態の火星に光を当ててくれれる恋人や

パートナーと一緒に暮らすことで才能や愛情に関して

膠着状態だったものが少しずつほぐれていきます。

当たり前ですが、そうは言っても一方的に助けてもらえる

ことはありませんから、そのような火星を育てるメリットが

あるタイプの人と過ごすことになります。

一つの例としてインターセプトされたサイン(星座)の中に

すっぽりと個人天体が入っていてその天体が上手く

つかいこなせない状態であったり、使えないことで

思うような人生の展開が図れないタイプの人とお互い

助け合って成長していくようなイメージです。

自分自身のホロスコープの天体や感受点を成長させるには、

誰かを何かを通して(愛して)行う意外に方法はありません。

愛情がなければ全ては、単調な繰り返しになります。

そのことに気が付かないとひたすら新しい刺激を求めて

彷徨い続けるだけです。

刺激は商品として販売されていることが多いですが、

刺激では本質は何も変わりません。

今回はリリスと火星のハードアスペクトを取り上げましたが

このような場合で上手くいっているカップルは、ハードアスペクトの

リリスとパートナーの天体や感受点の相性が良い部分を

持っていることが多々あります。

リリスは因縁っぽい感受点でネガティブに解説されることが

多いですが、リリスが優しさに変わることもあるのが

生きている人間(人生)です。

sponsored link
error: Content is protected !!