愛が報われるかどうかは、金星の扱い方次第な理由

sponsored link

愛(結婚生活)が報われる段階まで自分を成長させる第8ハウスの作り方

という記事とセットになっています。

ハウスは、意識空間が反映したものであって自分自身の意識が

働かなければ空間は、空っぽのままです。

結婚届を役所に出せば結婚が成り立つのは、制度的なものですし

そのような結婚生活を正式に始めることで伴う数々の責任は、

社会的な責任です。

これらは、ある意味、とても煩雑で抱える事情は、人それぞれです。

何故ならそれらは愛と直接的に関係のないローカルなもの

だからです。

だからこそ個々の現実的な愛に大切な要素です。

このようなものといつまでも一緒に夢を見られて仲良くやっていける

愛そのものと変わらない要素を同時に繋げる意識を占星術的に

言えば金星と言ったら驚かれるでしょうか。

恋愛と結婚の占い方は、ある意味で違います。

では結婚後は、恋愛に伴うような感受性は、まったく無くなり

社会的な義務を果たすためだけで幸せになれるでしょうか。

このような見方の言い方を変えれば、

社会的な義務を果たす力の無い愛は、続きません。

そのような力が宿れないものが恋愛という言い方も間違っていて

ずっと愛が続いていくカップルも沢山いらっしゃいます。

最初から社会的な要素を担うことを意識的に徹底的に避ける

交際の仕方は、悪意すらあるかも知れません。

このように考えると恋愛と結婚の区別は、真実の愛を

ベースに考えるとそれほど意味を持ちません。

大切なことなのでもう少しだけ書きますが、真実の愛は、

それぞれのローカルな愛を支える現実を耐える力も含む

ということです。

決して純愛だけを取り出すプロセスではありません。

そのバランスの割合は、金星のサイン(星座)で変わります。

sponsored link

実際の暮らしには、月星座の相性が大切ですが、それだけでは

共同生活者です。

愛の要素は、金星です。

言い方を変えれば通い婚みたいにして一緒に暮らさないのなら

お互いの金星価値をお互いのホロスコープ全体の価値と

照らし合わせてどのような相性になるのかだけ考えれば

良いことになります。

実際、相性はそのように割り切った方が輝きます。

実際は、そうもいきません。

細かいことを言えば税金も変わってきます、笑。

月の愛になくて金星の愛にあるものは、金星の愛は現実に

耐える力があるということです。

月は、魂と身体を繋げたり無意識をカバーしたり、生存する

ためには金星よりもはるかに重要です。

恋愛をしなくても生きていけますが、精神や感情が錯乱すると

生きていけません。

ただ、この記事では、そのような心身の健康はある前提で

誰かと愛を築いていくという視点で金星の現実に耐えられる

愛の力について言及しています。

恋愛や結婚に関わらず愛に一貫性を与えるのは、金星なのです。

金星が牡牛座の場合は、素直に好きと感じるエネルギーが

最も強くなりますが、その他の天体は、少しずつバランスが

異なります。

天体とサイン(星座)の組み合わせでデグニティ(品位)について

考えますが、品位と書くと良かったり悪かったりみたいな印象を

強く感じるかも知れませんが、組み合わせから生まれる性質

として客観的に理解する手段として捉えると良いと思います。

例えば金星が牡羊座の人は、上記したような金星の現実に耐える

愛と牡羊座のサイン(星座)の分離していくエネルギーが

相反する組み合わせになるのでデグニティ(品位)については、

評価が高くありません。

しかしそのような性質を持った愛をお互いのホロスコープ全体で

上手く位置付けられる、活かせるのなら素晴らしい金星という

ことになります。

愛が現実と一切関係なくローカルな影響をまったく受けないので

あればデグニティ(品位)の順位がそのままの評価になりますが

それぞれの愛がどのような環境で生きていくかは、異なります。

環境には、外的要因もあれば内的な要因もあります。

相性は、内的な要因です。

お互いのホロスコープ全体(内的な要因)の相性を考えた時に

牡羊座の金星で最高ということも当然あります。

ですから、継続する愛を考える場合は、今回取り上げたような

内容も含めて考えると本当の自分自身に近い答えが見つかる

かも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!