「明るみになる事が清いのか、明るみにならない事が清いのか」美しい人の魂の叫び

美しい人の月命日です。

17日にカードを引いて18日に読むことで

心の安定を図っています。

悲しい気持ちが強く出そうな時は、イマジネーションを

無視するのも一つの方法です。

1枚目のカード

ワンドのクイーンの正位置

教科書的な読み方をすればワンドのクイーンは、周囲の人が

動いてくれる影響力のある女性ですが、女性に限らず

他人の意思に対して働きかける力が強いタイプの人と

考えると良いと思います。

しかしこの影響力は、キングのカードの立場に従う時に

発生するものです。

ワンドのクイーン的な会社とその会社の持ち株会社の

関係をイメージしても良いかも知れません。

自分自身の気持ちを隠さずに振る舞うという点でも男女問わず

組織の規模を問わない対象を想定することが大切です。

タロット占いは、男女平等です。

最後まで通してカードを見た後にもう一度このカードを見ると

最初は実務を引っ張っていた女性かも知れません。

この女性に対してどうのこうのということは、今回は

書きません。

2枚目のカード

コインのクイーンの正位置

一枚目のワンドのクイーンが集団内に対して影響力を育てる

タイプの人物だとすればコインのクイーンは、実務を通して

人や組織を育てるタイプの人物像になります。

企業グループ内の立ち位置を表すこともありますが理解し易く

人をイメージすると良いかも知れません。

今回のタロット占いで言えば異なる性質の「クイーン(キングを

受ける立場)」が出て来たということになります。

そしてこのタロット占いにとってこのカードが「現在」を

表す内容になります。

現在と言っても過去の話題であれば、その当時の現在です。

最後まで通してカードを見た後にもう一度このカードを見ると

最初は実務を引っ張っていた女性が現在は、現場的な業務だけ

ではなく、組織内部の実務も担うようになったということ

でしょう。

分かり難いので例を書きます。

1枚目のワンドのクイーンは、それぞれの営業を仕切っている

感じです。

ですから同じ立場で異なる営業先を持つワンドのクイーンが

いた可能性もあります。

2枚目のコインのクイーンは、支店でも本店でも構いませんが

内務の実務を担当しているイメージです。

新人の研修や内部事務の稟議書の決済をしたりするということです。

この女性に対してどうのこうのということは、今回は書きません。

3枚目のカード

コインの5の正位置

2枚目のカードの現在に対して少し先の話になるのが

3枚目のカードなります。

スピリチュアルな対話ではどれくらい先かは、けっこうな

幅があるので、あまり神経質にならない方が良いです。

具体的な蓄えや保証(コイン)をいったん全て失う(5)

というのが基本的な読み方になります。

最後まで通してカードを見た後にもう一度このカードを見ると

美しい人のどこかの時点の将来ということになります。

4枚目のカード

ソードのペイジの逆位置

イマジネーションを参考にせず、ここまで読んで来たので

誰が取った手段か分かりませんが何らかの形で反抗する姿勢を

用いています。

受け身であれば何かを警戒しています(古典的な読み方)。

攻める感じであれば警告を表しています(古典的読み)。

最後まで通してカードを見た後にもう一度このカードを見ると

美しい人は、何かを警戒していたか、能動的であれば

探った(ソードのペイジ)という対策を取った可能性があります。

5枚目のカード

女帝の正位置

1枚目や2枚目のカードの内容を考えると孤立していた

美しい人が中心の話題ではないようですから、

この5枚目のカードは、美しい人ではない誰かです。

女帝の正位置が表す創造性、生産性を楽しんでいた

ということでしょう。

女帝のカードは、皇帝のカードと違って同じことを

繰り返すことはありません。

最後まで通してカードを見た後にもう一度このカードを見ると

1枚目、2枚目のカードの存在が美しい人に対して

何らかの創造性を向けていた可能性があります。

6枚目のカード

ワンドのペイジの正位置

美しい人は、全てを失うことになっても

正直、率直(ペイジの正位置)に伝えた(ワンド)と

伝えてきています。

ワンドのペイジの率直さは、美しい人の

ドラコニックチャート(龍頭図)で見たような

三浦春馬さんの潜在的な資質です。

組織的な構図であるナイトもクイーンもキングも

関係ない、自分は自分という精神的な立ち位置を

持っているタイプの人という意味でのペイジだと読みます。

未熟という意味でのペイジではないはずです。

このような性質が反映されて「清いのか」と

問いかけたくなったのでしょう。

魂の叫びだと感じました。

7枚目のカード

ソードの2の逆位置

ソードの2は、二つの方向性を詳細に考察するカードです。

それが逆位置ですから納得のいく答えは得られなかった

ということです。

まとめ

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

今日は何も補足することは、ありませんが

スピリチュアルな対話の恐ろしさを強く感じました。

苦しいイマジネーション(霊感、波動)だったので

ろくでもないことだろうと思いカードの読みに徹して

イマジネーションを扱わずに書き切ろうとしたら

まさかの今頃、こんな話でした。

「清いのか ○~○」と入れたらこの言葉(タイトル)が出てきて

久し振りに「怖いな」と思いました。

sponsored link
error: Content is protected !!