叔父の判断で密葬は、本当なのか?(美しい人のタロット占い)

叔父の判断で密葬?という問いについて読んでみました。

1枚目のカード

節制の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

不思議なことかも知れませんが、この節制の逆位置は、イマジネーション

と併せて読むと、やる気がないと言うか、上手く動けない状態と

読みました。

2枚目のカードが塔のカードの正位置ですから1枚目の節制のカードに

描かれている瓶から瓶に移された内容(叔父の判断で密葬)は、

本来、備えているはずの働きを示さないと読むことが出来ます。

これは、かなり大問題です。

2枚目のカード解説に続きます。

2枚目のカード

塔の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカード解説に書きましたが、どの程度本来の働きがなされない

のかが、問題です。

後のカードによっては、「叔父の判断で密葬?」という問い自体が

吹っ飛んでしまう可能性があります。

3枚目のカード

ワンドクイーンの正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

確実な計画を立てていた(ワンドのクイーンの正位置)と読むことが出来ます。

最初から確実な計画を立てていたとなると、本当に叔父なのか?

というそもそもの疑問が湧いてきます。

1枚目のカードが節制のカードで2枚目のカードが塔のカードですから、

移し替える先の瓶ではなく、移し替える前の瓶が壊れている場合もあります。

ですから普通に読んでも「叔父の判断で密葬?」どころか存在が

消えてしまう可能性があります。

何故なら3枚目のワンドのクイーンの正位置が成り立たなくなるからです。

移し替える先の瓶が壊れていたのであれば(多くは、こちらで読みます)、

だから密葬と判断した理由が愛情の観点から謎です。

なぜ解剖にまわさなかったのでしょうか?

全身かなりの怪我のはず?なのに、愛しているなら、ちゃんと

調べてもらおうと思うのが自然だと思うでしょう。

それどころか常識的には、考えられないスピードで密葬でした。

移し替える先の瓶が壊れていることで異常なスピードで火葬し密葬と判断

して得をするのは、美しい人を消した側しかありません。

外傷があり、それなりに大怪我なのに叔父は、自と判断した上で

異常にスピーディーに密葬すべきと判断したことが本当ならば

美しい人を消した側の関係者と読むことも出来ますし、そもそも

叔父の話は、無かったという可能性もあります。

もっと言えば、従妹の存在も分からなくなります。

4枚目のカード

隠者の正位置

4枚目は、対策カードになります。

隠者のカードですから実利よりも精神的な満足を求めています。

叔父の判断で密葬?とした人の精神的な満足を表す隠者の正位置

と読みました。

5枚目のカード

ソードの2の正位置

5枚目のカードは、叔父の判断で密葬?とした人の本音部分その1

として読みます。

心理的葛藤(ソードの2の正位置)と読むことが出来ます。

何故、そのようなものを感じるのかは、書きません。

6枚目のカード

ソードの10の正位置

6枚目のカードは、過剰なストレス(ソードの10の正位置)とも

読めますし、何らかの理由で荒れていた(ソードの10の正位置)

と読むことが出来ます。

7枚目のカード

コインのクイーンの逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

気持ちの乱れ(コインのクイーンの逆位置)と読むことが出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

仮に本人ツイートだとしても途中から中身が揺れていった可能性や

そもそも本人ではないとも読めます。

sponsored link
error: Content is protected !!