「愛はある」と伝えたい

sponsored link

「愛はある」と感じられたら生きることは

楽になります。

感じられることが大事な部分で、

理屈ではありません。

この世の様々な問題に対して愛があれば

解決するとか、そういうことではありません。

当たり前のことですが、太陽サイン(星座)だけで

生きることに愛を実感するのは無理です。

太陽サインは、前向きに生きることが前提になります。

様々な動機があって一概には言えませんが、

前向きに自分の理想を模索し始めた段階で

かなりの部分は救われています。

もちろん、それでも心寒い感じ方をすることは

ありますが、前向きになる以前では能動的に

学ぶことは無理な話です。

問題やトラブルを通して学ぶ機会を招き入れるような

受身な形になるしかありません。

特に積極的な状態だとしても前向きな行動に

依存するような場合は、火星を考えても想像出来るように

24時間頑張り続けるわけにはいきません。

スイッチを押してもどこかで切れます。

補充せずに何度もやる気スイッチを押していると

やがて反応しなくなります。

ですから受身な天体も大切です。

sponsored link

それに少しずつ成長して心が温まってきても

越えられない壁もあります。

そんな時は、成長よりも舞い降り待ちのような

方向性からの出来事がブレイクスルーに

なったりするので、そう言った意味でも受身も

必要です。

そう言った意味では、トランスサタニアン

(天王星、海王星、冥王星)とアスペクトが

出来る個人天体にもチャンスがあります。

受身の種類も幾つかありますが、占星術的には

月、金星が代表的な存在です。

生きていれば変化し続けるので、どんな要素が

後押しになるのかも変わっていきます。

様々なシチュエーションに一つ一つ光を

当てていくには、やはり占星術のそれぞれの要素を

通して考えるしかありません。

閉ざされたものが上手く解放される度に愛があるような

感覚を経験しますが、これは良い意味で果てしない

繰り返しです。

このように書くとどれだけ頑張っても切りがないように

思われるかも知れませんが、ある程度愛はあると

感じられるようになると果てしのなさが素晴らしい

可能性に思えるものです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!