誰かに誰かが生きる力を奪われた事件の真相のようなこと

sponsored link

人は、自分自身が持つ様々な要素のあるものは近くに寄せ、

あるものは遠ざけることで自分自身を自我に適った状態にします。

この自分自身を束ねる行為が何らかの理由で精神的に、身体的に

出来なくなると人は、亡くなってしまいます。

この束ねる要素に誰かの気持ちが関わるのは当然のことです。

それは誰からも求められない状態で自分自身をデザインすることも

それを維持するエネルギーを得ることも出来ません。

他人は関係無いと思っていても実際は思いもよらないところで

自分自身を作る支えとして働いてくれています。

そして年齢を重ねたり心に余裕が出来たりしてその働きを

認識出来るようになると自然にそれを認めることが出来ますが、

急に誰かにその働きを指摘されるとそこから自分自身を

束ねるエネルギーが漏れ出していくことがあります。

自分自身を束ねる時に必要に差し迫られて自然に誰かと

深く交流してしまったこと等は、特に他人に知られることで

かなり難しい状態になることがあります。

社会的な立場を失うようなことで済むはずのことであっても

自分自身を束ねる価値観によっては、自分自身そのものを

維持していくことが出来なくなる場合もあるでしょう。

それがどのような相手からどのような態度で指摘されるかで

受けるダメージは異なります。

もっと言えば深く交流してしまった相手に迷惑がかかる場合は、

尚更自分自身が消えてしまうしかない場合もあるでしょう。

そのことに深い交流をしてしまった相手が責任を感じてしまえば

その相手も生きていられない気持ちになってしまうことも

あんるでしょう。

誰かと誰かが深い交流を持つ運命の不思議さやその時の二人だけ

にしか分からない必要性を誰も断罪することは出来ないのですが

脅す材料に使う人はいます。

そのような揺さぶりをかけられると食事も喉を通らなくなるかも

知れません。

結果的に短期間で激ヤセすることもあるでしょう。

その時は自分自身を勇気づけてお互いに生きる気持ちが高まったはずの

行為でも生きる場や生きる意思を削ぐような行為を引き込んでしまう

ポイントになることもあるのです。

タロットカードを引いたとしても根拠にはなり得ませんから

書けないこともあります。

このようなことも含めて愛です。

取りあえず恋愛・結婚のリスクにカテゴライズしましたが

どこに入れておけば良いのか分からない記事です。

最後に浮かんだ言葉は、「それでも愛はあります。」

という言葉でしたから「愛はある」というカテゴリーに

入れることにします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!