12サイン別、第4ハウスと恋愛における相互理解、天秤座から魚座

12サイン別、第4ハウスと恋愛における

相互理解の牡羊座から乙女座は、こちらです。

第4ハウスが天秤座の場合

簡単に言えば上流家庭のイメージです。

実際にそうである場合もありますが、

現実的には、そういう雰囲気を好むということです。

天秤座特有の客観的な美しさを求める気質が

働いた環境ですが、天秤座は、周囲の状況と

照らしあわせて自分の正解を導き出すので

住んでいる街によって、その雰囲気は

違います。

sponsored link

第4ハウスが蠍座の場合

家族べったりというよりも、家族密着と言った

家庭環境です。

これが良い方向に出るか、出ないかは

その家庭次第です。

親の献身的な奉仕で子供の才能が開花する場合も

あれば、成人しても父親と娘が一緒に入浴していたり

実際に交際してから、驚きの事実に遭遇する確率が

ナンバー1かも知れません。

第4ハウスが射手座の場合

現実的かどうかはともかく自由な雰囲気の家庭です。

子供が子供らしく育つ家庭環境です。

多少、素行に問題があるような生徒でも、勉強すると

決めたら、周囲が驚くような大学に合格したり

するような場合もあります。

伸び伸びと育っている分、心が疲れていないと言うか

本気になった時の伸びしろが大きな環境です。

第4ハウスが山羊座

単純に躾が厳しいです。

問題なのは、この躾の基準が親の機嫌に

依っていることにあります。

これは、もう仕方がないことかも知れません。

絶対的に正しい基準を議論しても不毛です。

そんなものはありません。

親が白と言えば、白ということです。

親の善悪を考えても親も人間です。

善悪は地域、文化で、幾らでも変わります。

他人の家庭環境を引き合いに出しても

親を傷付けるだけです。

その結果、不利益を被るのは、子供です。

このような力学が働く環境なので、

何かしら抑圧的な感情を抱えて人が育ちます。

若しくは、自分が受けた厳しさを、譲れない

人間が育ちます。

大小ありますが、心の闇を抱え易い傾向が

あります。

sponsored link

第4ハウスが水瓶座の場合。

自由も様々ですが、自由な家庭環境です。

本人は、それが普通ですが、もし交際相手の

第4ハウスが山羊座であれば、少し交際が

深くなった段階で、この人は、無理と思う

可能性が大なタイプです。

抑圧は、自由に対して恐怖や嫉妬、憎悪を

感じるものです。

第4ハウスが水瓶座の人は、こだわりが

少ないので、共同生活もOKです。

第4ハウスが魚座の場合。

父親が他の女性と住んでしまい生活スタイルが

かなり変則的になった人がいます。

食事は、どうしているのか聞くと、

「面倒だから食べない」という返答でした。

寝てやり過ごすそうです。

動くとお腹が空くという感じで、半分

照れ隠しというか、はぐらかされたような感じですが、

そんなに重大なこととして受け止めていない

余裕を感じました。

好きなアニメに没頭しているのが本当の

ところだったみたいです。

魚座っぽい柔軟さと想像の世界で安らぎを

得られれば、そんなに問題視しない感覚です。

交際相手が、これを適当、ルーズと考えるか

大らか、好きなゆるさと感じるかは、

もう好みです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!