相性の良い人と上手くいかないタイプの人の開運方法

sponsored link

「相性の良い人と上手いかないタイプの人」と書くと

相性が良ければ上手くいくのに意味不明と思われる

かも知れません。

しかし現実は、相性の良い相手と別れて相性の悪い相手と

結ばれる場合もあります。

良い相性の人と上手くいかないタイプの人は、誰かを

拒絶することで自分自身を守る癖があります。

拒絶する理由は、人それぞれですが何らかの理由で

自分自身を守らなければならないと感じるからです。

この時に最も簡単に拒絶し易いのが相性の良い相手です。

自分自身を守るタイプの人は、ともすれば相性の悪い

相手に近づく傾向があります。

そこまでいかなくても背伸びしないと付き合えない

ような相手を求めるのです。

結果として積極的に誰かを拒絶しなくても消極的に

自分自身と相性の良いタイプの人を遠ざけてしまいます。

このような自覚を自分自身で持てるような人は、相性の

良い相手と関係を築けるようになる直前です。

自分自身の状態を意識出来る時は、きつく感じますが

好転する時にしか意識には、上って来ません。

ホロスコープを通してこのような状態を改善し

相性の良い相手と上手くいくためには、ネイタルの

ホロスコープの中の火のサイン(星座)や風のサイン(星座)を

積極的に使うと早く解決します。

sponsored link

根本的に解決する場合は、第2ハウスや金星をケアして

自己評価を高めていく必要がありますが、拒絶反応が

上回っている間は、自分自身の状態を意識化出来ません。

ホロスコープの中の火のサイン(星座)や風のサイン(星座)は、

自分自身をオープンにして外側に向かっていくことで

その時々で楽しめるコミュニケーション相手と繋がることが

出来ます。

無理に背伸びしたりせずに他の人と繋がることが出来ます。

主体的になれますしその時々の思いを伝えることも出来ますし

個性を表現し易くもなります。

特定の人や目標を無理して深掘りせずに直感的に交際したり

取り組めるので合わない人と「もしかしたら合わないかも?」と

薄々感じながら相手を条件で判断して善い人と考え無理をして

だらだらと交際したりしなくなります。

友達レベルで接して何となく合わないと感じれば気まずくなる前に

自然と距離を取れるのが自然体です。

別に深く考える必要はなく、少なくとも「この人だ」と素直に

感じられなければ、あれこれ悩みながら交際する必要はないのです。

人生は、沢山のことに同時に取り組む必要があります。

多くの時間とエネルギーを本気でかけて向き合う相手は、頭で

考えるのではなく感じるものです。

いちいち全てを確かめてから交際するわけではありません。

先ずは、「友達から」ではありませんが、そのようなスタンスを

自然に取らせてくれるのが火と風ののサイン(星座)です。

もしそれらのサイン(星座)が個人天体になくて地のサイン(星座)が

強ければ、観察という方法があります。

これは乙女座だけでなく牡牛座には、牡牛座の安心出来るかどうか

理解出来るまで見るという観察行為があります。

山羊座であれば、それぞれの人の価値観によりますが、それに

従って評価出来るかどうかを判断(値踏み)します。

これらは、全て観察行為です。

個人天体に水のサイン(星座)が良ければ取りあえず聞く態度で

接しながら相手と無理なく同化出来そうかどうかを

落ち着いて判断してからでも交際は待って良いと思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!