睡眠と快楽

sponsored link

自らが行う行為には、何らかの快楽が

ほんの少しであっても含まれています。

その行為が健全なものであれば、健全

という評価の割合の快楽が含まれています。

心の平安の問題等もありますが、睡眠が

十分に足りていれば、健全さの中にある

快楽を感じ取ることが出来ます。

趣味や好きなことという健全さを保ちながら

快楽の度合いが増すものであれば、睡眠の

足りている脳にとっては、かなり気持ちの

良い刺激となって感じられます。

安定した状態の心と適切な睡眠が取れていれば

このような快楽だけでも相当に気持ち良い

刺激として癒しや活力の源になります。

これが逆に理由はどうであれ心のバランスを

崩し易い仕事状況や家庭環境にあり、睡眠が

不規則又は不足しがちになっていくと

普通の行動の中に適切なバランスで

含まれている快楽では満たされなくなります。

例えて言えば、普通の味覚の人が食べることが

不可能なほど辛い料理でないと美味しく

感じられなくなるのです。

適切な快楽は癒しや活力の回復にとって

欠かせないものです。

心のバランスの回復のプロセスは、個人差が

激しく書き切れたものではありませんが、

睡眠は行為としては眠るだけです。

寝られない人もいますが、寝るための手段は

心の安定に比べるとはるかにシンプルです。

それでいて満足するまで寝ればたいていの

ことは、改善しますから、まずしっかりと寝て

適切な快楽を感じられる脳を取り戻すことは

幸福な生活のスタート地点になります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!