かぼちゃのつる

sponsored link

子供たちの道徳教材になっているものの中に

「かぼちゃのつる」というお話があるのを

ご存知でしょうか。

好き放題に伸びて畑からはみ出したかぼちゃの

つるがトラックに轢かれて切れてしまう筋の

お話です。

畑から出るなとか、畑から出たら殺されるとか、

様々なメッセージに読み取れますが、多くの

人はど根性大根のような意外なところから

芽を出してもちゃんと成長していくことに

感動するのではないでしょうか。

日本の昔話にも個を認めない思想が残酷な展開を

生む物語はありませんが、今は21世紀です。

日本は民主主義国家を名乗っています。

民主主義は個が前提にあるはずです。

不思議なことは、このような物語を与える一方で

世界に通用する人材とか創造性豊かな教育と

いうようなことを標榜します。

子供たちのことを考えれば、どちらかに

してあげないと心が引き裂かれてしまいます。

周囲を徹底的に窺って個性を出さないことを

良しとするなら、その価値観で統一すべきで

社会主義国家になれば良いのでしょうが、

社会に出たら個人責任で結果を出すことが

求められます。

しかし、多くの人は社会主義体制は望んでいない

はずですから、かぼちゃのつるを畑に戻してくれる

誰かがいて、そこで沢山の実をつけるような

物語であって欲しかったと思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!