ホロスコープの読み方

この記事は田代まさしさんの逮捕を受けて

書いた記事の冒頭にあったものですが、

占いそのものとは内容が異なるので

別記事にしたものです。

sponsored link

誰かが逮捕されたりした時にネイタルの

ホロスコープに全ての行動の原因を求めると

人は運命の操り人形になってしまいます。

占星術という見えない作用を扱う技術

であってもトランジットという考え方が

あります。

つまりそこに花火があったとしても

誰かが着火しない限り花火はそのままです。

その人の資質も何かしら着火する部分

(トランジットの刺激)がなければ動機が

引き出される機会は減ります。

動機があったとしても不適切な欲望は

自分自身のために選択しないことも出来ます。

有能な人物は不利益を押し付けられても

有益なものに変えてしまうこともあります。

田代まさしさんは、複数回にわたって厳重注意や

逮捕されていますが、トランジット的にやはり

厳しいタイミングの時が多いです。

そもそも売れっ子だった時代もあるわけです。

田代まさしさんの良い資質が表現されていた

時期もあったということを前提に考えずに

ネイタルのホロスコープに悪い部分だけを

探すと誤った見解になります。

sponsored link

つまり結論ありきの鑑定になります。

どんな人にも短所や長所はあります。

その尺度も文化によって変わりますから

短所の定義は自分の利益にならないことだと

考えています。

正常と言われる状態であれば人は自分にとって

不利益な選択はしません。

ここで問題になるのは、世間的に不利益に

見えても本人自身にとっては何らかの利益に

なるという場合と世間的にも不利益で

本人にとっても不利益な場合です。

これによってホロスコープの解釈はまったく

変わってきます。

ここまで考えたとしても、人が何かの行動を

選択する時にはその時だけのことであっても

何らかの利益があると考える方が正しい

と思われます。

たとえ脅迫されていたとしても、それから

生まれる不利益を回避しようとしたと

言えるのです。

もちろん、異なる考え方もありますし、

どんな状況であっても何が絶対と言うことは

無いと考えますが、基本的に何らかの利益を

選択するということと、選択の自由がある場合は

その選択に何らかのキャラクターが表れている

と考えています。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!