簡単に負けない運勢の作り方(幸運術)

sponsored link

蠍座を通して簡単に負けない運勢の作り方

に付いて書いています。

他のサインでも考え方は同じです。

蠍座のハウスは人によって第1ハウスから

第12ハウスまでそれぞれですが、

エネルギーを高めるならば、そのハウスの

テーマを出来るだけ狭く限定して同化して下さい。

そうすることで、そのハウスに関する特徴を

生かすことが出来るようになります。

テーマに対して気持ちの持ち方や

イマジネーションを一点に集めていく感じです。

生命エネルギーを高めるということは

単に元気になるという意味ではなく

様々な問題が解決したり、良いアイデアが

閃いたりすることに繋がります。

蠍座は第8ハウスに対応していますが、

第8ハウスが具体的な物や場を利用する

方法とするならば、蠍座のハウスは蠍座の

能動的な集中力といった感情や精神の使い方を

駆使するようなイメージになります。

人には植物的な側面と動物的な側面があります。

両方使えますから感情や精神を駆使することを

体感出来るようになれば自由の幅が広がります。

このようなスタンスは疲れている時は

無理なので第8ハウス的な環境を普段から

整えておくことも大切です。

生命エネルギーが枯渇すると何も出来ないので

蠍座を取り上げましたが、各ハウスと対応する

サインはセットで考えることで簡単に負けない

運勢の作り方が出来ます。

sponsored link

実人生は勝つことよりも負けないことが大切です。

なぜなら様々な問題は最終的には自分自身の

抱えていることですから他人との勝った

負けたではないからです。

どんな問題でも根本には2つの極があって

エネルギーが発生して現象を起こしています。

文中では問題と書きましたが、幸運もトラブルも

その構造はまったく同じです。

どちらか片方の極を担ぐことを演出すれば

様々な問題を意図的に起こせます。

コントロールしたければもう片方の極におく

ターゲットを想定するだけです。

観察を続けることで物事は動き出します。

私も含めてそうですが、関知しないものは

存在しません。

能動的に運勢を作るには観察するポイントを

どこかに想定するしかありません。

そのポイントの置き方に個性が出ます。

あまり書きたいことではありませんが、

勝手に誰かがあなたをどこかの極に置く

場合もありますから人間関係は難しいのです。

しかし試行錯誤しながら自由にもう一つの極を

置いて良いことを知っていると自由です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!