自分の生まれ時間が分からない場合のホロスコープの確かめ方

sponsored link

生まれ時間が分からない時の第8ハウスの利用方法

という記事を以前書きました。

ホロスコープを利用する幸運術は生まれ時間が

分かる場合と分からない場合では得られる情報が

まったく異なります。

ですからある程度人生経験から生まれ時間を

想定してホロスコープを作る場合もあるのですが、

これは単にそのホロスコープが合っているとか

合っていないという問題ではなく、自分自身に

対して様々な仮説を立てることでそれを一つの

目安として成長していくことが出来ます。

人はホロスコープ通りに成長するわけではなく

ホロスコープを通して悩んでいるテーマに

対するより良い選択肢がいくつか得られれば

それで良い方向に進み易くなります。

しかも人は今という現実にしか生きられません。

それ以外はある意味全てが仮説になります。

その仮説を参考にして今を充実したものに

出来ればホロスコープを推理した価値はあります。

杏さんや東出昌大さんの生まれ時間も分からないので

推理したホロスコープを通して色々考えてきましたが、

そのように推理したホロスコープの内容を確かめたり、

時には修正したり、より良い仮説を立てるために

役に立つのが推理したホロスコープで現在の運勢を

確かめる方法です。

sponsored link

例えば東出昌大さんが映画イベントに現れる

3月17日を推理したホロスコープから考えると

ネイタルのホロスコープの太陽がソーラーアークの

海王星とタイトにコンジャンクションですから

かなりナーバスな状態であることが考えられます。

ソーラーアークはその人の気持ちを占いますから

不倫発覚後の初めての公の場ということで

太陽にソーラーアークの海王星がタイトに

ひっついていても不思議ではないかも知れません。

ネイタルのホロスコープの太陽にトランジットの

金星がスクエアです。

トランジットの金星は公転周期は冥王星のように

長くはないので超長期的な運勢ではありませんが、

安定しない愛情関係であることを意味します。

これと同じアスペクトが小倉優子さんにも

表れているのが興味深いですし生まれ時間が

判明している様々なホロスコープと比べても

このような場合は比較的表れ易いものです。

ちなみに小倉優子さんは生まれ時間が判明

している前提のホロスコープです。

このような感じで自分の推理したホロスコープを

検討していくと新しい仮説がたったり、修正すべき

かも知れないポイントが見えてきます。

自分自身の生き方に仮説を持っていると

自分なりに楽しく生きるより良い選択肢を

得られるようになります。

東出昌大さんはネイタルのホロスコープの火星と

ソーラーアークの冥王星とコンジャンクションに

なっていますから、現在の状況を変えたい気持ちが

強いことを表しています。

ある意味闘争本能に火がついている状態です。

プライベートではイライラし易くなるアスペクトです。

このような内容は完全に主観的なものですから

東出昌大さん本人にしか分かりません。

このような部分がホロスコープに表れている時に

自分が正しいと思えれば、推理したホロスコープは

比較的正しかったことになります。

他人のホロスコープを推理してもこのような部分は

分かりませんが、自分ならば分かる貴重なポイントです。

ここに制限を示すトランジットの土星が加わると

火星と冥王星が作り出す過剰なエネルギーが爆発して

様々な人間関係にトラブルが発生しますが、現在の

東出昌大さんのホロスコープにそのようなものは

無いようです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!