悪い恋愛運を強制的に良くする方法

sponsored link

親子関係を改善して運を上げる方法(親の生まれ時間の推理)

について書きました。

沢山、読んで頂けて感謝しています。

両親のホロスコープが作ることが出来たら、

自分自身の月や金星との相性を見て下さい。

相性はシナストリーでみます。

ホロスコープを読むための知識が沢山あれば

あらゆる角度から考えることもありです。

特に親との金星に関する相性は、自分自身の

愛情に対する感じ方ととてもマッチしたものに

なっているはずです。

恋愛運が悪い人は、トランジットの影響を除けば

自分の金星と親との相性が悪いことがほとんどです。

この部分を理解出来れば自分の感じ方を

客観視出来ます。

恋愛運が悪い運命はありません。

たまたまです。

そして出来れば、好きな作品を作っている作家でも

ミュージシャンでも構いませんから、自分との

相性を見ることもお勧めします。

ポイントは好きな作品を作っているという部分です。

ルックスではありません。

自分の金星との相性を見てみると新しい発見が

あるかも知れません。

そうは言ってもなかなか生まれ時間は、分からない

ことが多いので親との相性を客観視出来たら

愛について捉え直す試みをして愛情に対する感じ方を

書き換えて下さい。

sponsored link

親との相性が悪いと自己肯定感が低くなります。

これが低いと恋愛運は必ず悪くなります。

少なくとも愛情にかけたエネルギーがそれ相応に

報われません。

対等な恋愛が出来ないからです。

自分が支配的に振る舞うか、被支配的な立場に

なるかは気の強さや相手次第でしょうが、そのような

変化があること自体がもう愛とかけ離れています。

このような状況を抜け出すための自助努力としては

自分自身の愛情に対する感じ方を修正することです。

面倒でも愛に対して感じたことを徹底的に書いて下さい。

これは単なる発散ではありません。

とてもクリエイティブな作業です。

自分の愛の資質に対する創造的なアプローチになります。

お気に入りのノートを買って、ホロスコープを

読みながら考えた感想でも構いませんし、子供時代に

傷付いたやり取りを書いても構いません。

自分本来の愛情から不純物が全部剥がれるまで

毎日少しずつ取り組みます。

最初の日だけは、思いつくままに徹底的に書きます。

その後は一日15分とか決めても良いかも知れません。

それは愛について考える時間であり、自分を

見つめる時間でもあります。

自分にとって本当に必要な愛、好ましい愛が

見えれば見えるほど恋愛運は良くなります。

悪いアスペクト等を気にする人がいますが、

欠点と長所は表裏一体です。

自己肯定出来るようになれば、どんな個性も

必ず長所になります。

自分の個性にあった相性の良い相手に出会えます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!