不運解消とスピリチュアル

sponsored link

大きな不運を回避するお話です。

不運の種類は車両事故を上げます。

事故は、少しの手違いが積み重なっておきます。

しかし、その前に大きなマイナスの運気が

まるで弓の弦が引き絞られて今にも発射

されそうになる状態が蓄積されていきます。

そして具体的な事故原因が矢となって

誰かに向かっていきます。

もう一度整理すると不運は2点に分かれます。

1、マイナスの運気を発射するためのエネルギー。

弓矢で言えば弓の部分です。

弓の弦が少しずつ引き絞られていきます。

2、もう一つは、矢です。

具体的なトラブルです。

今回の例では、故障を抱えた車両です。

不運が具体化するには、故障を抱えた車両が危険な

タイミングで事故を起こすことが必要になります。

実例

Aさんは、商談が上手く行ってとても良い気分で

立体駐車場に戻りましたが、自分の車両が無い

という強烈な感覚に襲われます。

それは仕事が上手くいった良い気分や記憶が

消えてしまいそうな衝撃で「無い」という感覚に

襲われたそうです。

この「無い」は喪失感でしょう。

sponsored link

しかし、実際は車両はあるわけです。

突如内面に発生した感覚が車両を消してしまって

いただけで少し落ち着くとちゃんと駐車した

場所にあります。

あまりに奇妙な感覚に仕事の感動が消え去ったことを

惜しく思いながらも立体駐車場を出ようとすると

車両の調子がおかしいのです。

ブレーキの故障でした。

その立体駐車場に車両を置く前にかなりの距離を

走っていてその立体駐車場で息絶えていたのです。

Aさんは、普段ならその辺りで止まる用事は、ほとんど

なく更に車両を走らせているところです。

事故は、回避されましたが蓄積したマイナスの運気の

衝撃だけをAさんは感じたのです。

車両を失うだけでなく自分の命も誰かの命も

失っていたかも知れません。

何らかの流れが弓の弦が引き絞られるタイミングと

矢がセットされるタイミングを僅かに変えてくれたのです。

用事のタイミングも数日前から同時に進行するわけですから

プラスのエネルギーも拮抗していて間一髪でタイミングが

ずれたのでしょう。

脳の認識が変わるほどの喪失感の衝撃は、実際に事故の

起こった場合の衝撃の強さを物語っています。

Aさんは、変形12サイン別、守護霊のメッセージを受け取る能力の見方

に書いた特徴を複数持つタイプの人なので実際に

マイナスの運気の衝撃だけを体感したのでしょう。

不運を作り出す要素がある程度分かれていれば

回避出来ます。

注目して頂きたいのは少しずつ弓の弦が引き絞られている

点についてです。

マイナスの運気の要素(弓と矢)を引き離すエネルギーは

同時に育っていました。

本当はこのようなぎりぎりの回避は駄目です。

もっと離すような仕組みを作らないとかなりの損害になります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!