双子座の世界1、双子座の愛が繊細な理由

sponsored link

12星座の可能性の双子座です。

水星を支配性に持つ双子座の世界は、独特です。

ある意味で12星座で一番、愛を求めない

価値観を持つ星座とも言えます。

愛よりも好奇心に生きることが喜びになります。

もちろん、太陽星座が双子座の人や月星座が

双子座の人が愛を求めないという意味ではありません。

ただ順番として自分自身の好きなことを通して

他人の関心(愛)を集めることが大切になります。

自分がとても大切なサイン(星座)になります。

まず自分ありきなのです。

少し個人に引き付けて双子座ことを書くと

双子座のハウスがその人の譲れない核になります。

それを放棄したら自分らしいコミュニケーションは

なくなります。

水星の本当の役割を知れば人生は変わります

という記事を書きましたが、双子座のハウスや

水星のあるハウスは、実際に主張を通す通さないは

別にして、我を張らなければならない部分です。

この部分の好奇心を育てる努力を怠ると

外の世界(他人や他の存在を含む)との効率的な

コミュニケーションを図れなくなります。

コミュニケーション能力と言うと会話能力と

思う人が多いと思いますが、他の人や他の存在に

会話を用いなくても言語的な意味を伝える方法は

いくらでもあります。

それらを含めてすべてコミュニケーション能力であり

根本的な生きる力です。

sponsored link

双子座の意味する生きる力は、生存に関わる

サバイバル技術です。

冒頭で12星座で一番、愛を求めない星座と

書きましたが、そもそも自分が存在出来なければ

愛を感じることが出来ないという根本的な

理由があります。

双子座は、現実的な愛を感じる基本条件なのです。

牡羊座の世界が求める愛は、ピュアで美しいですが

現実的ではありません。

悲しいほど純粋な世界です。

何故、悲しいのか?

その純粋さから決して外に出られないからです。

外の世界にあるものは、どんなに好きでも

涙を流しながら見送るしかありません。

牡牛座の世界の愛は、自分自身の感覚から

離れることが不可能です。

すべてが自分自身の延長線上にあります。

そこから途切れたら存在を感じること自体が

不可能になります。

双子座の世界は、自分と切り離された存在と

コミュニケーションを図ることが出来ます。

その土台となる自分の好奇心が何よりも

大切になります。

双子座の世界にある愛は、好奇心(自分自身)と

他の存在との調和にあります。

自分が暴走し過ぎると愛は消えてしまいます。

自分自身を抑え過ぎると愛を始める以前の土台を

失ってしまいます。

そう言った意味では、牡羊座や牡牛座の世界よりも

はるかに繊細な世界です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!