実例を通して考えるドラゴンヘッド・テイルに関する相性の注意点

sponsored link

ポジティブな気分を保つための占い方と太陽星座の関係

ろいう記事を書きましたが、この内容の厄介なところは

多くの人が何らかの正解を求めてホロスコープを見るのに

決まり切った正解がないことを意味するからです。

同じホロスコープで占っても状況や目的によって

相手によって、良いことや悪いことはいくらでも

変わります。

必ずその時々で自分にとって都合の良いことと

悪いことがあります。絶対的な正解は、どこにも

ありません。

しかしそのように正解が動き続けるのは、本当の正解が

自分自身の中にあるからです。

私たちは常に対立するもののバランスの中で本当の自分に

少しずつ近づいていきます。

ポジティブな状態が大切なのは、生きている実感を

感じられるからですが、だからと言ってポジティブに

なろうとして感情をコントロールしようとするのは

不自然です。

楽しいことをしているからポジティブな気分になります。

当たり前ですが、苦痛なことばかりしていれば

ネガティブな気分になります。

この違いは自分らしくいられる現実と魂の中間ポイントに

留まっていられるかどうかの違いです。

肉体を持って生きているわけですからそのニーズを

適切に満たすことも大切です。

しかしそればかり満たしても充足感は得られません。

この身体的な側面(現実)と個人的なスピリチュアルな価値の

間には一定の幅があります。

この幅がかなり広い人もいればタイトな人もいます。

しかしどちらが良いというものでもなく広ければ

おっとりしているでしょうし、狭ければスピリチュアルな

傾向が強くなります。

sponsored link

このような個人差を考慮しても個人を支える現実の生活と

スピリチュアルな側面の間にはかなりの幅があります。

自動車のハンドルで言えば遊び部分があるということです。

この余裕があるからこそ安全運転が可能になります。

この遊びの範囲からはみ出なければ失敗してもそうそう

大変なことにはなりませんから、ある程度のゆとりを

持って試行錯誤出来ます。

まず一番現実の自分が他人から影響を受けているのが

月です。

そして順番に公転周期の短い個人天体が続いていきます。

試行錯誤をしながら個人天体の中から他人の影響を

様々な体験を通して脱色していくことで生きることの

正解が得られるとも言えます。

そう言った中で誰かの影響を通して自分自身をより良く

確立したという経験もあるでしょう。

それは本当に貴重な体験です。

そのような経験を実際に重ねて行くときにパートナーの

ドラゴンヘッドとパートオブスピリットがコンジャンクション

の相性であればパートナーの人生の課題と自分自身の魂が

求めるものがかなり似ていることを表しています。

それと同時にパートナーのカルマみたい部分である

ドラゴンテイルとはオポジションになりますから

その部分(パートナーにとってはドラゴンヘッドの

バックボーンとして機能している)に関しては、

表面的には対立しているわけです。

簡単に言えば嫌に感じます。

そして自分自身も毎日、毎時間魂の価値ばかり

気にしているわけではありませんから他の相性も

大切になります。

このような相性は何かしらトラブルとかあると

深掘りされてお互いの存在の価値を見直したりします。

日常生活を豊かにするだけならば他の相性の方が

分かり易いでしょう。

ただドラゴンヘッド側の人のノード軸にスクエアとかが

あってその空白部分を自然体でせっせと埋めてくれる

タイプとしては、パートオブスピリット側の人は

とても魅力的な人です。

短期間(3年以内)の交際ではなく長期的なパートナーとの

相性は様々な側面を満たし合える必要があります。

ノード軸が関わるような相性は、そう言った意味では

日常生活ではなく何かの拍子で心の問題が深掘りされた時に

気付くような部分の相性です。

そしてドラゴンヘッドにしろドラゴンテイルにしろ

どちらかのアスペクトだけを見るとおかしなことに

なり易く必ず多角形の外角の和を意識して必ず両方の

アスペクトを考えないと本当の意味は分かりません。

ノード軸に関する相性は、非日常的なものです。

普段使いする相性も併せてチェックすることが大切です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!