母親や月星座の制限を超えて幸せになれる理由

sponsored link

三浦春馬さんが母親を選んで生まれて来た七つの理由

という記事の中で

三浦春馬さんが母親を選んだことについて

タロット占いをしましたが、これは母親との

関係性でその人の運命が決まるとか、そのような

縛りで行ったことではありません。

どんな母親を選んで生まれたとしても

本来の自分自身になっていくことは出来ます。

その結果として生まれて来て良かったと

思えるような人生を歩むことは出来ます。

月の年齢域である生まれてから7歳くらいのまでの間に

母親そのものや周囲の雰囲気を吸い込みますから

情緒的な土台を書き換えることは不可能に思えます。

実際、そのまま生き続ければ、そのままの状態です。

それは月星座の性質やそのアスペクトが表すような

心身が安定するため条件が変わらないからです。

母親に肯定的な感情を強く抱く人は、この条件を

変えようとしません。

しかし母親に否定的な感情を抱く人も母親から

与えられた条件のまま生き続けます。

月星座は、それぞれの月星座が求める性質ですが、

そのアスペクトや月の安定する空間(ハウス)が

難しい条件を求める場合は、母親そのもの、若しくは

母親との相性が悪い場合があります。

その結果、無意識にネガティブな感情(月)が育っていきます。

このような状態は、このままでは変わりません。

月が表す感情が心(性格)と身体(様々な資質)を使って

自分自身を安定させようとするので、どうしても月星座

(総合的な月のコンディション)に縛られてしまいます。

しかしこれでは月(感情)に振り回されて何も出来ないので

最低でも太陽が表す自我とセットで良い働きをします。

しかしこれでも月星座が太陽星座の理想を描いている

状況は変わりません。

月星座が繰り返されて物質化してその人らしい思考に

育っていくからです。

そしてそれらが太陽星座のフィルターを通して価値観になり

言動を通して繰り返され信念や固定観念になっていきます。

このループから根本的に抜け出さないと、ひたすらこれを

追認する言動を繰り返していくだけになります。

その時々のトランジットやダイレクションで追認の仕方が

異なるだけです。

ここで少し結論めいたことを書きますが、自分自身の生き方と

母親という存在との関係性は、本来の自分自身に近づくことで

いくらでもポジティブなものに変えられます。

たまに具体的に過酷な条件を提示する人がいますが、

限度を超えた虐待を受けると子供は亡くなってしまいますから

そのような問いは、ナンセンスです。

魂の選択について受け入れる部分があるならば、そのような

母親の選択もあるということです。

魂によっては流産を承知で地上体験を求める場合もあります。

sponsored link

母親の選択は、人生のスタート地点です。

どのようなスタートを切ろうとも、少しでも本来の自分自身に

近づいていくプロセスで新しい価値を加えることを目指して

いくことには変わりません。

人生の半分以上を過ぎても母親にべったりと暮らし、母親に

文句ばかり言い時に罵声を浴びせるタイプの人や

いつまでも母親の命令が無ければどうしたら良いか分からない

タイプの人と接すると、どんな母親であれ人生のスタート地点を

提供してくれた以上のことをいつまでも求めることが

どれだけ自分自身の人生を停滞させているのか、はっきりと

理解出来ます。

スタート地点から少しずつ離れて自分自身の歩むべき道を

コツコツと進むことが大切です。

これを行う原動力がノード軸と各種天体や感受点が作り出す

母なる世界(魂の世界)です。

バーテックス・アンチバーテックスが示すような部分や

アングルのそれぞれの軸と各種天体や感受点を見ても

良いかも知れませんが、取りあえずノード軸からです。

それは魂の側から気付く世界です。

太陽は自我が観察する光景です。

月は、現状維持に必要な温もりです。

それ以外の天体や感受点もちゃんと役割があります。

魂側からの気付きは、時に突拍子もない提案をしてきますが

それは現実や自分自身の個性に忖度していないのに

もっとも効率の良い提案をしてきます。

なぜならそれは、その人にとってもっとも純粋な意識だからです。

先に原動力と書きましたが、ノード軸と各種天体や感受点の

作り出すアスペクトや星座の組み合わせの意味そのものが

正解ということではなく姿勢だと言うことです。

現実を観察したり感じたりする太陽や月を初めとする

天体や感受点と魂の姿勢の適切なバランスをキープする言動が

本来の自分自身(魂)が喜ぶものです。

この喜びは、純粋な意識の素みたいなものを作ります。

これは月星座が表す母親の影響とまったく関係ありません。

純粋な意識の素が発生する範囲を意識して行動を組み立てて

そこから自分自身がはみ出さないようにコントロールします。

慣れてくるとコントロールするという意識も不要です。

ただ次の楽しみから次の楽しみの準備をして実行するだけです。

楽しみと楽しみの間も楽しい意識は繋がっていますから

全体から見たらバランスの良いゾーンにいることになります。

これは見えない力から応援をもらえる領域です。

100パーセント以上の力を出せる空間です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!