恋愛や結婚のリスクとしての太陽 水星 合

sponsored link

太陽と水星がコンジャンクションを持つ人は、自分自身の

目的を叶えられることだけに意識が集中し過ぎて、それ以外の

部分で大きく希望と合わない何かをつかむことがあります。

恋愛や結婚で言えば、自分自身のある理想を叶えている

タイプの人だけれどもそれ以外の部分でまったく受け

入れられない要素を持っていたというような場合です。

特定のルックスにこだわり過ぎて性格を考慮しなかったり

相手が勤めている組織や収入、交友関係で判断したりと

自分自身が重視する価値観だけで相手を選ぶことで

自分自身と合わない重大な何かを見落としてしまうのです。

恋愛自体にネガティブな傾向が出易いという意味では

金星や火星のハードアスペクトと言うことも出来ますが

一つのアスペクトだけで終わることは少なくいくつかの

アスペクトが繋がっているものですからハードアスペクトが

味になることもありますから、必ずしもハードアスペクトが

悪いということはありません。

しかし太陽と水星のコンジャンクションが特定の価値観だけを

求め過ぎることで他のものを見逃してしまうと自分自身が

予想もしない要素まで引き込むことになります。

sponsored link



この時に何を見落とすのかは、様々な要素があってこれと

決めつけることは出来ませんが、愛情関係にけっこう大きな

影響を与えるのは、ノード軸とスクエアです。

ノードと天体のスクエアは、その天体が関わる内容において

無条件な部分を作り出します。

それが嫌でその中身を埋めようと壮絶な努力をする人もいますが

意識的に取り組むには、かなりの才能が必要です。

一般的には、無条件な部分を頑なに信じて生きていきます。

自分自身が何故そのように特定の価値を捉えるのか深く考えても

前に進まないからです。

例えば、太陽と水星がコンジャンクションでノード軸と木星の

スクエアを持っている場合は、相手が本当に信用出来るかどうか

確認する必要があります。

自分自身が無条件で持っている信用に関する条件によって

交際相手は変わりますから、一概に太陽と水星がコンジャンクションで

ノード軸とスクエアだから愛情関係において必ずしもリスクが高い

というわけではありませんが、このような条件にあてはまって

一度でもそのような経験をしたことがあれば注意が必要です。

もちろん愛情関係は、ノード軸とのスクエアだけではなく

月、金星、火星を初めとする愛情に関する天体の偏った価値観も

大きな影響を与えます。

太陽と水星がコンジャンクションの場合は、自分自身が最も

重視する価値観が何なのか知っておいて、出来るだけそれに

振り回されないようにする配慮が大切です。

特に天秤座の太陽と水星がコンジャンクションの人は、

様々な人間関係を引き込むので注意が必要です。

その時々で欲しいものも他を優先してしまいますから、それ以外の

ことにも注意を払って下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!