子供の目にムヒを入れる大西愛容疑者のホロスコープについて

sponsored link

大西愛容疑者が長女への暴行で逮捕されました。

子供の目にムヒを入れたりしたらしいですが、

ここまでくると基本的な愛情を子供に持てない

人間が、逮捕されなければ公然と普通に暮らして

いることが理解出来るでしょう。

子供を一人亡くしているのに生き残っている子供に

暴行するのですから理解し難さが更に増します。

密室での子供への虐待は、子供がよほどの重傷を負うか、

死亡しない限り、ほとんど明るみに出ることはなく、

後遺症が残るようなものであってもそれを黙って

抱えていく人の方が多いでしょう。

大西愛容疑者は、大相撲の元関脇である嘉風の妻として

記事を読んで頂ける方と情報が共有出来るので

取り上げてみました。

前記事でセプタイルを取り上げていましたが、大西愛容疑者は、

金星と木星のバイセプタイルがあります。

愛されたいという気持ち、若しくは愛されなければならない、

愛されない人生は、あり得ないという気持ちを強く抱えている

ことが考えられます。

金星と木星が作り出す動機がポジティブと言うか外側に表れると

優雅な暮らしをしたいという気持ちになります。

本来ならば虐待のようなネガティブな理由の一つとして

このアスペクトを取り上げたくは、ないのですが

大西愛容疑者に関する浪費的な傾向や知人女性とのトラブルの

内容を考慮するとバイセプタイルの負の側面である自分自身が

欲するものを自分よりも得ている相手に対する苛立ちみたいな

ものが感じられます。

生まれ時間が分からないので金星と木星がどのようなハウス

(意識的空間)で働いていたのか分かりませんが、虐待の要因

の一つとして金星と木星のバイセプタイルが抱えるネガティブな

側面が関わっているように思えます。

金星と木星のアスペクトは、隠すことが難しいと言うか

表面的なことに表れるので整形や虐待時の音声等と併せて

考えるとこのアスペクトも影響があるでしょう。

sponsored link

簡単に言えば子供の方が大西愛容疑者よりも愛されている

と感じたり、子供が子供自身のことを愛されるべきと

信じているような態度を取ればイライラするだけで

逮捕されるような虐待を行うとは、限りませんが、

大西愛容疑者は、オーブぎりぎりですが、太陽と火星の

コンジャンクションと火星と土星のコンジャンクションが

あります。

先ず太陽と火星のコンジャンクションですが、これは

人生を勝ち負けで判断し易い傾向を示します。

良い方向で働けば競争社会で勝ち残ることに有利です。

オーブぎりぎりでこのアスペクトを採用するのは、

大西愛容疑者が元関脇の嘉風と結婚したからです。

女性にとってこのアスペクトは、太陽としての夫と火星の

攻撃性を併せて表現しますから、このような結婚を選択した

ということは、太陽と火星のコンジャンクションは、

生きていると考えました。

そしてもう一つの火星と土星のコンジャンクションは、

良い意味ならば制限された行動力を用いてプロフェッショナルに

活動を行える可能性がありますが、建設的な目標に使われない

場合は、誰かに対して攻撃性を示すことで自分自身の立場を

守ろうとします。

生まれ時間が分からないので、大西愛容疑者と同じ誕生日に

生まれた人との共通点でしか書けないので、この程度で止めますが、

これらのアスペクトがどのようなハウスにあって成り立っているか

とか、アングルとの関わり等々様々な影響もあります。

そうでなければ子供の目にムヒを入れるような無茶苦茶は

しませんし、出来ません。

このようなやり方は、怒りに任せてというレベルを超えて

拷問にも似たサディスティックな性質を感じます。

ブログ内検索で「サイコパス 母親」みたいな検索を

されることがありますが、生まれ時間やその親の両親の影響も

併せて考えなければ無理です。

人間は、そうそう悪いことは出来ません。

それが出来るということは、やはり個性だけではない分からない

その他の影響があります。

その他に関しては、少なくとも両親のホロスコープや慎重な

対話を通して探っていくしかないものです。

両親との関係性が良ければ同じホロスコープでまったく違った

生き方にもなり得ます。

育った感情がその人の運勢を作るのです。

関連記事

心に闇を育て易い火星と土星のアスペクトは大器晩成タイプ(対策有り)

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!