5月13日の幸運のポイントは、明日の準備

sponsored link

牡牛座の新月の幸運のポイント(これから何を信じていきますか)

という記事の続きです。

今日は、運勢的には、明日の5月14日の16時くらいに

木星が魚座入りする谷間みたいなお日柄です。

大きな動きの谷間と言うだけで一日一日が大切なのですが、

新月の運勢の影響は、まだまだ強く引っ張っていますし

これからどう生きていくのかしっかりと見定められたら

それほどバタバタするような日ではありません。

木星が魚座に入ると持っている太陽星座や月星座によって

運勢の受け方が変わって来たりしますし、他の個人天体でも

木星魚座の良い影響を受ける場合もあります。

その辺りは本当にそれぞれです。

どのようなネイタルのホロスコープを持っていたとしても

木星が魚座に入ることは、大きな変化ですからこのエネルギーを

味方に付けることが大切です。

そのためには、直近であればキロンと火星のスクエアの

トランジットの影響から来るフラストレーションや場合に

よっては感情の暴発を防ぐ必要があります。

知らない間にフラストレーションが溜まってしまうことを

回避することが木星が魚座に入る期間を味方に付ける条件です。

sponsored link

そのような狙いで今日の運勢を見るとトランジットの月は、

すでに双子座入りしていて今日、ドラゴンヘッドと水星の

コンジャンクションに加わっていきます。

この月のエネルギーのピークを利用したいと思います。

20時前くらいにぴったりコンジャンクションになりますが、

その何時間も前から影響はあります。

そもそも月は、この記事を書いている時点で双子座入りしています。

この月、水星、ドラゴンヘッドのコンジャンクションとキロンと

土星で小三角の複合アスペクトです。

小三角は、地味に頑張れる感じの穏やかな複合アスペクトですが

今日は、頑張るよりも風サインと火のサインの組み合わせ

ですから自分自身に必要な情報を探してみるような新月の続きで

良いと思います。

木星魚座入りを味方に付ける方法も一つ入れておいて下さい。

ただこのブログでは、第12ハウス的価値観で書いているからこそ

自分自身を幸運にする具体的な手段の情報を得ることをお勧めします。

第12ハウス的価値観から見れば、幸運も不運もセットであって

区別すべきは、善悪でも運不運でもなく自分自身が望む状態か

そうでないのかです。

これには、必ず第12ハウス的な感覚を形にする依代が必要です。

その依代こそ新月で考えた自分自身にとって必要な何かです。

これが明確になればなるほど木星が魚座に入ろうが再来年の

牡羊座に入ろうが直ぐに対応出来るわけです。

簡単に言えば自分自身の本質に最も効率的にアプローチ出来る

手段が必要なのです。

これを様々な角度からクリエイティブしていくことが人生とも

言えます。

双子座のサイン(星座)は、とても重要です。

個人を具体的にとことんフォローしてくれる個性なんて

一つ二つあればもう人生は、楽しくて仕方がない感じになりますが、

そんなに多く持てない以上は、やはりそれを如何なるシチュエーション

でも育てながら、同時に活かす工夫を学ぶことも大切になります。

このような器用な部分は、双子座の要素です。

ちょっと目端を利かすだけでいくらでも楽しくなれることを

気付かせてくれるサインです。

第12ハウス的価値観は、魂レベルとも言えます。

私たちは、言葉通り裸のままでは幸せになれません。

寒いし、汚れますし、危険です。

お洒落も出来ません。

自分自身の本質に沿った個性に様々な要素を身に付けさせることは、

個性にその時々に応じたファッションや環境を与えることと同じです。

そしてその個性こそ自分自身です。

ではこのように運勢とかを考える自我は何かと言うと

自分自身を幸せに出来る存在です。

他人が自分自身を幸せにしてくれるのではなく自分自身が自分自身の

本質に沿った個性を幸せにしてあげられている状態が第12ハウス的

な価値観(世界)から見た幸運です。

今日は、木星魚座入りに関する調整が出来れば十分ではないでしょうか。

どこかで意識を向ければOKと何度か書きましたが、取りあえず

魚座にフォローしてもらえる個人天体の活用を検討しては

いかがでしょう。

これは手っ取り早く効果が出ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!