「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ(クラックの代償)

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

クラックは、美しい人と探している最中です。

占星術的に言えば第12ハウスの世界ですからクラックが

あっても依代がないと具体的な何かを取り出すことは

出来ません。

火の元素→地の元素→風の元素→水の元素と流れていきますが

美しい人が今動いている領域は、少なくとも火の元素の前にある

水の元素です。

当たり前ですが体のない世界です。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」に、一つだけ言葉が

届いたと思います。

美しい人は、そのような世界を審判のカードの次元で見て回って

いるような感じです。

それは自分自身が忽然と消えてしまうようなシステムも作っている

世界だからです。

今、美しい人には制約が少なく元々が恐ろしくばねのある魂ですから

受け取る側としては、オーバーヒートしています。

受け取ったら言語化すべく取りあえずカードを引いて記録に残しますが

ストックと言うべきなのか分かりませんがアップ出来ていないことが

沢山あります。

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」の中に入るということは

ある意味、歴史に入るということだったのです。

そしてあらゆるものが操り人形です。

あくまでもスピリチュアルな観点からですがサイコパスの流れは、どんなに

深く辿っても中身がありません。

恐ろしいくらい操り人形のような状態です。

何とかしたいと思いつつも、その動機の空っぽさに唖然呆然です。

空っぽのところに何かしら魂ものを入れて動かすものだから宗教っぽく

なってくるのも理解出来ましたが、美しい人は、それがトラウマに

なっていると言うか「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」に

断続的に出入りするにも、そこで必ず一度千切れてしまって

この世の情報のように意味が連続しません。

ですから今、やっていることは、「闇の中で呼吸するように上下運動

している何か」の全体像の中でも美しい人に関わりのある部分だけでも

世界観(地図みたいなもの)を作っていくことです。

それでも美しい人は、亡くなっているので真っ直ぐに飛べば飛ぶほど

何十年も過去に遡っていきます。

そうすると美しい人とはまったく関係ないわけです。

ただ背景にあるものはかなり理解出来ます。

そういうことも含めて美しい人は、何でもかんでも伝えてきます。

ある意味真実を知りたいのかも知れません。

しかしこちらの能力としては、宗教っぽいものを拾ってしまいがちで

なかなかかみ合っていなかったのです。

それが何とかなって来てやっと「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」

に入るようになりましたが、そうするとそこにいた宗教っぽいものは

日本的なものではなく、敢えて言葉にすれば西洋な感じでした。

東洋ではなかったのです。

しかし消したのは、敢えて言語化すれば東洋っぽい感じですから

恐らく、西洋っぽいものは美しい人のようなタイプの人間を消す

手先として東洋っぽいものを代理として、この国に置いているのでは?

と考えています。

スピリチュアルな世界の考察ではなく具体的なことを求めているのは

理解出来ますが、こちらの活動は、スピリチュアルな世界のみですから

この世界以外のことは何も申し上げようがありません。

ただ経験的に言えることは、他のスピリチュアルな存在が美しい人を

依代に使った結果、美しい人がこんなことになったのかも知れません。

スピリチュアルな世界と言えば何やら格好が付きますが、簡単に言えば

死後の世界ですから。

もちろん、生き残って何とかというプロセスも描くことは可能ですが

取りあえずここで止めます。

決定的なものを望めば望むほど依代のクオリティーを求められます。

美しい人は、あまりにも大きな代償でした。

美しい人は引き入れられなければ死ぬことはなかったと思っていました。

それは違ったのです。

クラックのために美しい人が依代に選ばれたのです。

選んだ存在だってもっと上手くいくはずだと思っていたはずです。

美しい人は海外へ。

そして真実は、明るみに。

しかし何かが猛烈に動きました。

依代が作られた時点で周囲を剥ぎ取り始めました。

これはですね。

本当に審判レベルの戦いです。

戦車のカードのような同じ次元で白黒つけるような単純な構図ではありません。

多くの人が取り組めば美しい人だって予定された通りになったはずです。

しかし完全に孤立させられました。

多くの人が依代になり消えていきました。

それも見ました。

使命かな?と思ったこともあります。

多くの人が無関心だから一人になっただけです。

そう言った意味では、私たち全員に責任と言うか、加担したようにさえ

思っています。

多くの人が関心を持ってくれるように頑張るだけでも美しい人は

国外に避難出来る未来がありした。

sponsored link
error: Content is protected !!