三浦春馬さんのお父様の一周忌(スピリチュアルタロット占い)

三浦春馬さんの実のお父様は、2021年1月15日に亡くなられました。

今日は、一周忌です。

1枚目のカード

ソードの6の逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

ソードの6のカードは、取捨選択(苦労)を過程を経て良い結果が

出るという内容になります。

以前、三浦春馬さんのお父様が亡くなった後に三浦春馬さんと

再び会うことが出来たのか?というスピリチュアルタロットを

行いましたが、あれから会えたのではないでしょうか。

このソードの6は、逆位置ですから三浦春馬さんのお父様は、

それ以上は、望んでいないと読むことも出来ます。

2枚目のカード

ソードの4の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心や現在となるものです。

ソードは、風の元素ですから分離作用があります。

もちろん、この作用を大切なものですが、やはりプレッシャーや

ストレスを伴う作用です。

「4」は、停止ですから、逆に何らかのプレッシャーから

解放されたかも知れません。

三浦春馬さんのお父様は、生前、心臓に病がありましたから

それが回復したのかも知れません。

あの世では、肉体がありませんから本来ならば病気は痛みや

身体に伴う苦しみはありませんが、生前の感覚が尾を引くと

既に焼かれて心臓は、ないのに不具合を感じることがあります。

そのような観念的な痛みから解放されたのでは?と読みました。

3枚目のカード

ソードのキングの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

ソードのキングのカードですから何か何が何でも片付けたいことが

残っているのかも知れません。

4枚目のカード

コインのペイジの逆位置

4枚目のカードは、三浦春馬さんのお父様の対策カードになります。

亡くなっていらっしゃるのに将来という言い方は、いささか違和感が

あるかも知れませんが3枚目のソードのキングと併せて考えても

気がかりに対して取り組みたいと読みました。

5枚目のカード

コインの9の正位置

5枚目のカードは、三浦春馬さんの深層心理を表しています。

コインの9の正位置ですから、何らかの努力が実を結んで

お父様に会えたことを喜んでいると読みました。

6枚目のカード

カップの3の逆位置

6枚目のカードは、三浦春馬さんのお父様の深層心理を

表しています。

三浦春馬さんに会えてとても楽しかった(カップの3の逆位置)

ということでしょう。

7枚目のカード

ワンドの1の逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ワンドは、火の元素であり無から有を生み出すような創造性があります。

しかも「1」です。

3枚目のソードのキングのカードや4枚目の対策カードである

コインのペイジのカードでも感じましたが、やはり何かに取り組みたい

という強い気持ちがあるように感じられました。

sponsored link
error: Content is protected !!