12サイン別、心の闇と恋愛の関係の牡牛座

sponsored link

12サイン別、心の闇と恋愛の関係

の牡牛座です。

牡牛座は身体に眠る才能を開花させることが

使命とも言えるサインなので、現実的な

安定性は一番かも知れません。

迷ったりもしますが、最終的には不要な

要素を切り捨てることで、安定した

環境を作り出すのです。

同じ地のサインでも、抑圧的な山羊座と

比べれば、はるかに自分の感覚に忠実な

サインです。

個々人の身体性に関して、忠実に生きることで

パートナーと幸福な関係を作ります。

牡牛座の闇は、牡牛座自身が背負ってしまったり、

排除したりするので、精神的な問題は、

その過程で生まれる差別意識だけでは

ないでしょうか。

しかも、最初に書いておきますが、牡牛座の

差別意識は、現実との比較から生まれる

ものであって、ある意味、個人的なものでは

ありません。

周囲の現実や自分が生まれ育ったルーツが

作り出した認識をそのまま映し出したものです。

その内容に間違いがないか、牡牛座は何度も確認

するので、差別と言えども、言いがかりでは

ないのです。

身体という生まれつきの条件で、半ば本能的に

運命が決まるので、牡牛座の差別意識は

意識され難いものがありますが、牡牛座の恋愛で

これが出易いのは、自分の家系に対する

プライドです。

sponsored link

結婚目前でもめる確立が一番高いかも知れません。

プライドが高い場合だけが、問題なのではなく、

もっと深刻なのは、両家を比較することで生まれる

比較意識です。

牡牛座としては、自分のルーツが大切なだけで、

差別するつもりではないのですが、

表れ方としてはそのように表現するしか

ないものです。

そして、もう一つはエゴです。

牡牛座は、特定の身体の潜在的な資質を

表すことに取り組むサインです。

身体の資質の開発はエゴの発達とある意味同じです。

容姿が美しいかどうか、実家が経済的に豊かか、

もっと言えば、出会った瞬間に、

目の前の人の洋服のブランドをチェックして、

自分のものと比べます。

自分と他人の比較から生まれる感情は、

なかなか消えません。

消えてしまっても困りますし、このような

感情が無ければ、人形みたいな存在に

なってしまいます。

これも、健全な人間には、必要なものです。

しっかりとしたエゴを育てるからこそ、

牡牛座には安定感が身に付きます。

牡羊座や牡牛座は、初期サインなので、

背負う闇は、どうしても普遍的なものに

なってしまいます。

牡牛座は、牡羊座よりもはるかに現実的なので、

厳しい部分がありますが、それは牡牛座が

厳しいというよりも現実がそのようなものだ

ということだと思います。

ある伝統に根差した現実を元に判断する

牡牛座の恋愛をどのように受け止めるのかは、

パートナー次第です。

恋愛は個人の気持ちで繋がるものですから、

超が付くほどの現実主義な恋愛だからこそ、

牡牛座個人の気持ちをしっかりと持つことが

幸せな恋愛の秘訣です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!