好きな人との距離感、牡牛座の場合

牡牛座は、五感の発達の側面から語られることが

多いサインですが、もう一つの大きな特徴として

蟹座と違った形での身内意識がとても強い

サインでもあります。

蟹座が繊細な感覚を土台にした共感を伴った

結び付きなら、牡牛座の身内意識は、具体的な

基準を満たした仲間意識です。

この具体的な基準は、牡牛座にとっては

絆を意味します。

sponsored link

血が繋がっているからとか、同じ部署だから、

同じ国民だから等々、それぞれの仲間意識の

基準があるのです。

ですから、牡牛座の場合は、好きなだけでは

まだ、何の基準も満たさないことになります。

具体的な理由が発生していないからです。

牡牛座は、具体的な理由を作るために、

あらゆる努力を開始します。

肉体関係は、その最たるものです。

五感を通して感じたものを信じる牡牛座にとって

実際に肉体関係があるのか、ないのか

という問題は、絆の有無に直結します。

絆が出来たら出来たで、その頻度を気にしますし、

ある程度、確信が持てても、結婚するまでは

絆の確認の手続きとしての重要性は高いです。

結婚して家族になれれば、身内という範疇に

入ることで、やっとプレッシャーから解放されます。

sponsored link

牡牛座にとって好きな人との距離感は、

二人を結び付ける具体的な理由によって

異なることになります。

このように書くと、絆と距離感の関係がとても

すっきりしているように思えるかも知れませんが、

それは牡牛座の認識の手続きの問題であって

実際は、絆が確認出来た段階で、他の異性と

交渉を持つ牡牛座もいるのも事実です。

それは、自分の欲と絆を保つことは別であるという

とても現実的な認識から生まれる対応であって

パートナーを好きでいる間は、精神的には

矛盾を来たしているわけではありません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!