第4ハウスの天体の才能を引き出す方法

sponsored link

第4ハウスを単なる家庭と考えるのではなく

埋もれている才能と考えると非常に

興味深いものがあります。

しかし第4ハウスにある天体(才能)を取り出すのは

大変かも知れません。

一つの才能として各種の天体があることに

なりますが、その表すところを実際に

役立てるにはかなりの努力が必要になります。

それは単なる努力だけではなく、やり方の

問題があります。

MCが社会の顔ならICをカスプとする

第4ハウスはその180度反対、つまり

地下にあるようなものです。

決してコンプレックスとかではありませんが、

なかなか表立って機能しません。

しかし、考えようによっては家系、血筋のような

ものと深く繋がった才能や恵まれた何かですから

自分なりに表に出すための方法を身に付ける

価値はあります。

第4ハウスに太陽や月がある場合は、家系や

血筋そのものに何かしら恵まれたものがあるかも

知れませんが、アスペクトやサインの組み合わせにも

注意が必要です。

第4ハウスに月があっても冥王星がアスペクトを

作っていたりすると、周囲からその才能を

治療を通して摘み取られる場合もあります。

それでも何らかの才能があることには

変わりがないので、無理に眠らせずに

アプローチすることもありでしょう。

第4ハウスにある才能が出せない理由はある種の

恐れですから、自信が持てるような努力の仕方が

鍵になります。

自信が必要と言うことは、その才能を出すことに

対して憶病ということですから、方法論の前に

ある程度量をこなすとどこかで安心になったり、

質に転換します。

安心して取り組めるようになればいくらでも

器用にやれるはずです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!