第1ハウス冥王星と安倍晋三さん

sponsored link

現在、日本国の内閣総理大臣である安倍晋三さんは、

第1ハウスに冥王星がある人で一番露出が

多いかも知れません。

しかも様々な角度から語られる存在です。

そのような情報を通して考えると、第1ハウスに

冥王星がある人が最も満足する立場にいるという

意味で第1ハウス冥王星を持つタイプの人を理解

するのに安倍晋三さんほど最適な人はいないでしょう。

第1ハウスは生まれ持った性質を表す部分で

そこが最大限に発揮されますから、自分が

どのように望んでいるかが重要であって

客観的な状況は気にしません。

安倍晋三さんは平気で嘘を付くという人がいますが、

意識してやっていることではなく気が変わった

だけであって本人の中では何も矛盾はありません。

sponsored link

第1ハウスは誰であっても生きていくための姿勢

ですから、そこに嘘も本当もないのです。

立場というものや記憶というものがあるのでは?

と思う人もいるかも知れませんが、そのようなものは

冥王星的パワーが押し切らせてしまいます。

そのようなことに関して安倍晋三さんは様々な

行状が言われていますが、第1ハウスに冥王星がある

ということはそういうことですから、占星術的には

驚くに値しないでしょう。

問題なのは、第1ハウス冥王星を完全に発揮しようと

しても誰もが内閣総理大臣や大きな組織のトップに

なれるわけではありませんから、それぞれの社会的地位が

個人的には問題になるはずです。

暴力性を如何に洗練されたスタイルやシステム化

出来るかが第1ハウス冥王星の生かし方の

ポイントになります。

第1ハウス冥王星を本能のままに発揮すれば

犯罪になると言っても過言ではありません。

冥王星的な徹底的な言動をある程度隠さなければ

社会に適応出来なくなります。

善きにしろ悪しきにしろ第1ハウスに冥王星が

あると自分を完全に開放してしまうので

発展性自体は高いものがありますが、これだけでは

あくまでも個人的な範疇になります。

安倍晋三さんは横の繋がりを作ることに

秀でたホロスコープです。

第1ハウス冥王星の成功例としてとても素晴らしい

存在です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!