7天体別、ドラゴンテイルと個人天体で考える相性

sponsored link

相性に関しては感受点の重なりの相性である

シナストリーや二人でいる時に生まれる人格と

自分との相性をコンポジット等で考えます。

アスペクト傾向も同じであれば理解し易い

相手になります。

ドラゴンテイルと個人天体の相性は

基本的に発展性はありませんが、

惹かれ合う相性です。

ドラゴンテイル側の人が何らかの利益を

受ける側になります。

他のホロスコープの相性もきちんと

見て判断することが必要です。

ドラゴンテイルと太陽のコンジャンクション

この相性だけを考えると太陽側の人にとっては

長期化するほど消耗だけが残るかも知れません。

終わりを感じながら付き合うことになるかも

知れません。

ドラゴンテイルと月のコンジャンクション

面倒をみる、生活の世話をするというような

関係性になります。

それが負担になるのか、愛着になるのかは

他の相性で決まります。

sponsored link

ドラゴンテイルと水星のコンジャンクション

ドラゴンテイル側が甘やかされます。

本当に才能があれば良いですが、

客観的なものがなければ問題があります。

ドラゴンテイルと金星のコンジャンクション

惹かれ合いますが、このアスペクトだけでは

発展性は期待出来ません。

異性との間で友情は成立するのかと

悩む場合はこのアスペクトがあるかも

知れません。

ドラゴンテイルと火星のコンジャンクション

当初の性的な関係は盛り上がりますが、

その後はその他の相性が大切です。

何もなければ次第に切れていきます。

ドラゴンテイルと木星のコンジャンクション

ドラゴンテイル側の人が木星側の人に

甘えられる相性です。

許される感じが強くあります。

長期的に交際したい場合は、ドラゴンテイル側の

人が一方的に甘えたり援助されるのではなく

自立した部分も大切です。

ドラゴンテイルと土星コンジャンクション

逃げられないという意味で大変な相性ですが

ドラゴンテイル側の人も含めて土星側の人も

現実的に成長します。

結果的になんとかなる影響です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!