運を良くする相性の見方のコツ

sponsored link

ホロスコープには相反する要素に感じるものが

存在することが多く統一した感じて運を味方に

する方法を見付けるのは苦労するかも知れません。

しかしホロスコープの中にある要素はお互いを

フォローし合いながら一つのまとまりを

作っていきます。

例えば英語学習に可能性を感じたとします。

そのような気付きを得ると英検、TOEIC、

TOEFL、全国通訳案内試験、国連英検等々

様々なものがありますが、これらの試験で

良い成績を収めようとするかも知れません。

しかしホロスコープを全体的に見た場合

フォローの仕方によってはある分野に限定した

英語力を身に付けることの方が素早く運を味方に

付けることになることも多々あります。

それが理解出来れば開運にとって優先順位の高い

単語から学ぶことが出来ます。

sponsored link

誰もが社会の物差しに乗っていく必要はありません。

それどころかすでに資格化されているような分野は

完全に固まっていて運を良くするという意味では

効率の悪い環境になっている傾向があります。

本当に運を良くしたいのであれば出来るだけ

自分自身でコントロール出来るスタイルや

分野を見出すことがポイントです。

運を味方にするキャラクターは、ホロスコープから

見出せる個性に着せるドレスのようなものです。

太陽と月を初め一つ一つの天体や感受点が

どのようにフォローし合っているか理解することが

とても大切です。

一つ一つ天体や感受点には様々な要素がありますが、

お互いをフォローし合うことでそれぞれの意味は

次第に限定されていきます。

限定されればされるほど自由になれます。

自由になれればなれるほど人生に対する満足感は

高くなりますし、運が味方してくれるようになります。

同じ限定でも他人から束縛のような形で行われれば

地獄と言うか幸運とは程遠い状態になります。

様々な面での自由度の高さは満足感、幸福感に

大きな影響を与えます。

比例すると言って良いかも知れません。

名よりも実を取る視点です。

そのような視点でホロスコープを全体的に

読んでいくためにはホロスコープに与えることの

出来る統一感の中から素直に一番好みの選択肢を

選び取ることが大切です。

恋人やパートナーを選ぶ時でも月は大切ですが、

月を抑えた上で全体的な相性は運を良くするような

見方と理屈は同じです。

色々違って見えるけれども全体の方向性は

同じだよね、と言うのが本当に良い相性です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!