現在の運気から考える家族問題と自殺と救済

sponsored link

今回の蟹座の新月の度数を考えると蟹座の

単なる家族重視の姿勢よりも獅子座的な未来を

手に入れる準備も開始しています。

すでに蟹座を離れる準備が出来た上で最後に

蟹座全体を俯瞰しながらケアすべきところに

手を入れている感じです。

どのように否定しても家族は、血縁で結ばれていたり

そのような要素がなくても何かしら縁があるからこそ

家族としての関係性が発生します。

縁で結び合わされた関係は、その家族を構成する人たちを

同じ精神的空間に放り込みます。

精神的空間と書きましたが、その家族独特の世界観

みたいなものです。

これに良いも悪いもなく、家族全員がお互いを思いやり

力を合わせて生活している間は、その家族らしい

幸せな時間を過ごせます。

ところが何らかの理由で家族関係がバラバラになり

お互いが寄る辺ない状態に磔にされているような

感じになるとその家族独特の世界観の負の側面が

表れ易くなります。

どんな家族にも負の側面はありますが、それを

みんなで補い合う間は、幸せに過ごせます。

ところがそれぞれの個性に応じた努力や協力、成長を

放棄すると負の側面がそれぞれの家族をバラバラにして

意味不明な世界に連れていきます。

最初は、意味不明な世界の滞在時間は、少しだったものが

次第に長くなり元の場所に戻る方法が分からなくなります。

それどころか意味不明な世界に積極的に滞在するために

何らかの中毒作用を利用するようになります。

非日常的な恋愛も正当化出来るようになります。

単なる孤独と不安の世界ではなく海王星的な

隔離された空間に不思議なイマジネーションが

プラネタリウムのように次々と映し出されます。

意味不明な世界でその光景に心酔し出すと

何かがトリガーを引いた時に命を絶ちます。

sponsored link

意味不明な世界で見るイマジネーションは、

本人の妄想ではなく、その人の生きる支えと

なっていた幻想です。

心が安定していた時は、生きる手応えや実感の

鏡として働いていたものです。

子供であれば、親の離婚や虐待、イジメ等々

大人であればパートナーの裏切りや職業や健康状態に

関する諸問題等の危機によって心を支えていた幻想が

表の意識に飛び出してきてノイローゼのような状態になります。

この時に見えるものは怖いもや醜いものとは限りません。

美し過ぎるイマジネーションを見ることで

綺麗なままで終わりたいと願う場合もあります。

ある女性は、嫁ぎ先で火事を起こしてしまい

命を絶ってしまいました。

火を出したことを責められたわけではありませんが

自分自身のミスの重大さにショックを受けたのかも

知れません。

別の女性は、パートナーに裏切られて睡眠薬を

大量に飲んでしまいました。

また別の女性は、嫁ぎ先で生活のストレスから

子供連れて電車に飛び込みました。

大きなショックを受けるとそれまで自分を支えていた

幻想に閉じ込められてしまいます。

この幻想から早く抜け出さないと身体は崩れます。

自分自身が身体を維持する意思を保てなくなるからです。

本来、この幻想は、その人にとって心の支えとなる

神聖なものですから、どこかに入り口があります。

それは、その家族にとって大切なものです。

他の家族がそのことを知っても理解出来ないような

その家族だからこそ心から大切に感じる何かです。

誰かが幻想の中で身体を維持出来ずに自ら命を

絶つような場合は、その大切なものが

壊されていたり、埃を被っていたり、どこかしら

喪失していたり、状態はそれぞれですが、

滅茶苦茶になっています。

家族の誰かがそれを正さないままに現実の状況だけを

一人で改善しようとしても犠牲になるだけで

根本的にはどうにもなりません。

家族にとって大切なものをきちんとして上げて下さい。

少なくともそれを行う人は、何とかなります。

色々と間に合えば、他の家族にも良い影響があります。

意味不明な世界に入ってからでは、なかなか厳しいですが、

まだ意識がこちらにあって意味不明な世界がその人の

支えとして働いている時ならば、ホロスコープを通して

自分自身の心を理解することで簡単に飲み込まれなく

なります。

このやり方は、楽になることを奪います。

理解したら自分を騙せなくなるからです。

誤魔化せなくなるからです。

しかし最終的には、その価値はあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!