ハウス、星座、天体や感受点のセットの読み方

sponsored link

三浦春馬さんの記事を読んで頂いている方は、自分の

ホロスコープは自分で読んだ方が沢山の情報を得ることが

出来ることを納得して頂けると思います。

料金と占う手間暇のバランスを考えると他人に占ってもらうと

どうしても、何を見るのか取捨選択がそこに働きます。

その取捨選択もその人の価値観ですから、どうなんでしょう。

前置きは、このくらいにして占う時の初めに悩むのが

第何ハウス何座にある天体や感受点という読み方です。

第5ハウスにある蟹座のリリスみたいなものです。

1、何座と天体や感受点とか

2、何座とハウスとか

3、何ハウスと天体や感受点みたいな

セットの解説はよくありますが、1、2、3のセットの

解説は、自分で考えないといけません。

これにはやり方があります。

自分自身の好きなやり方で良いのでこれら3つの要素を

並べて繋げるだけです。

重要なコツは、自分の好きな手順で行うことですから

順番を決めずに書きます。

sponsored link

自分の月を詳しく知りたいとします。

★月の象意を書けるだけ書き出します。

調べられる限り知らべても良いです。

占星術自体が好きであれば、事あるごとに

何となく無意識にチェックしている間に様々な

知識が蓄積していきますから何となくその時に

思い出したことで考えたりしてしまいますが、

理想としては月に関する象意をコツコツと

書き留めておくと必要な時に振り返ることが

出来ます。

私自身はやっていませんが、7月18日以降の

三浦春馬さんをイマジネーションの中で再生

させるために様々な天体や感受点の意味や象意を

蓄積していこうと思っています。

★月の星が獅子座だとします。

獅子座の意味や象意を徹底的に書き出します。

普段から獅子座に関してコツコツ蓄積しておくと

振り返るだけで済みます。

★獅子座の月が第8ハウスにあるとします。

第8ハウスの意味や象意を徹底的に書き出します。

まとめ

つまり月、獅子座、第8ハウスの意味や象意をその時に

調べているホロスコープ全体の内容に沿って結び付けて

いくだけです。

ですから常に全体と部分を交互に意識しないと本質から

乖離していきます。

冥王星の意味を考えてみて下さい。

死と再生でセットですが、スクエアで繋がれば取りあえず

破壊から入ってしまいます。

トラインであれば再生、修復です。

まったく文脈が違ってしまいます。

ですから幸運術としてホロスコープを使いたい場合は、

その時々の正解を求めるよりも次の目的地までの地図や

灯台くらいに考えて仮説が立てば良いのです。

その時々で修正を加えていけば十分役立ちます。

逆に正解みたいに考えると危険です。

人もホロスコープも生きています。

人もホロスコープも愛情をかければ育っていきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!