竹内結子さんが求めた愛

sponsored link

竹内結子さんの金星と中林大樹さんのドラゴンヘッドは

コンジャンクションです。

結婚に至り易い相性です。

同時に竹内結子さんの金星と中林大樹さんの土星は

オポジションです。

このような相性は、竹内結子さんのノード軸とスクエアの

金星をコントロールしようとします。

それがどのような影響を与えるかは、別問題です。

ただ中林大樹さんの土星は、中林大樹さんのドラゴテイルと

コンジャンクションですから土星の蠍座的価値の押しは、

かなり強くなります。

これらの要素をどのように解釈するかは、見る人それぞれ

ですが、とても大切な部分なので書いておきます。

一切事情が分からないので何も解釈しませんが、

竹内結子さんのノード軸とスクエアの金星が

今回の大きな動機になっていたと思います。

この記事でも生まれ時間までは、考慮していませんから

竹内結子さんの金星を初めとするホロスコープ全体に

影響を与えたトランジットについて中途半端に考えずに

金星とノード軸とスクエアについて一般的なことを

書きました。

竹内結子さんの金星についてトランジットやダイレクションを

省いて影響を与えている大きなポイントは、上記しました。

他にも相性のアスペクトはありますが省いています。

sponsored link

竹内結子さんの死についてという記事に

「ドラゴンヘッド獅子座とスクエアの金星牡牛座を持つ

竹内結子さんは、人一倍愛情が必要です。

言葉では1倍ですが、何倍も必要です。

このような星座の組み合わせの金星とノード軸の

スクエアですから、牡牛座的伝統と繋がれる中村獅童さんに

惹かれたはずです。

再婚して約1年、あっという間に使い尽くしてしまったと

書くと何を?と思われるかも知れませんが、亡くなる人や

亡くなりそうな人が多過ぎて竹内結子さんのノード軸と金星の

スクエアについて書く機会は別にしようと思います。

竹内結子さんは、ノード軸と天王星もスクエアです。

せめてどちらか一つであればと思います。」

と書きましたが、金星とノード軸のスクエアは自分自身に

必要な愛情をパートナーとなる相手に求めます。

相性の良さとその愛情に応えられるエネルギー量が

同時に成立することが出来れば理想的ですが、ノード軸と

スクエアと言うことは、彼方立てれば此方が立たぬ

と言った状況になります。

このような葛藤を乗り越えるには、兎に角ノード軸と

金星のスクエアが作るTスクエアを3周くらい真剣に

やるしかありません。

書くと簡単ですが、乗り越えたと思うと壁に当たることを

繰り返すので何度も深くがっくりきますから、本当に

大変です。

以下は、あくまでもこのアスペクトの一般論ですが、

このような関わり方の不安定さを受け入れられたら

自分なりにどちらかに重心を置くことも出来ます。

しかし、もし、愛に理想を抱いたままであれば辛いかも

知れません。

どちらにシフトしても同時に愛に関する必要性を

満たせないからです。

ノード軸金星のスクエアは、こじれると生命の危機に

陥ることもあるかなり大変なアスペクトです。

ノード軸と金星のスクエア対策は、こちらです。

太陽星座が地や水の星座であれば割合、現実的に

振る舞えますが、愛を求めた相手に最初に理想だけを

みると反動があるかも知れません。

仮に反動があっても時間をかけて徐々にもっとも

二人の愛が幸せを作り出せるポイントに落ち着いていけば

何も問題はありません。

ただ時間は、かかります。

太陽のコンポジットだけで考えれば竹内結子さんと

中林大樹さんは、それぞれが自立した状態を保ちながら

それでいてどうしてもという時はフォローし合いながら

ゆっくりと時間をかけて成長していく立ち位置が

幸せを作り出せるポイントでした。

竹内結子さんは、太陽星座が牡羊座ですから、焦る部分が

あったのかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!