無茶な努力が報われるタイプの人

sponsored link

ほとんどの記事で幸せは感じ方であり、バランスが

大切だと書いていますが、無茶な努力が現実的な成果に

つながり易いタイプの人がいます。

第8ハウスの支配星が第2ハウスに向かっている

タイプの人です。

ハウスのサイン(星座)を無効化することについて

書きましたが、このようなタイプの人は、第8ハウスの

サイン(星座)と太陽や月の相性が良い場合は、そのまま

取り組んだ方が成果が出ます。

沢山の努力や成果得られる過程で次第に変化していく

ままに任せていけば良いということです。

人生には必ずピークがあります。

どんなに美しい容貌を誇っても最後に肉体は不要になります。

100歳で結婚しても結婚したという事実は残りますが、

結婚生活を送る時間は、あまりないでしょう。

第8ハウスが第2ハウスに向かうタイプの人は、そのような

一般的幸福、取り組んでいる物事の成果(音楽、スポーツ、仕事

具体的であれば何でも)頑張った分だけ形になり易い傾向があります。

例えば第8ハウスが乙女座で、太陽が牡牛座や山羊座であれば

そのテーマで頑張ることに違和感はないでしょう。

月星座が、牡羊座や水瓶座であったら自分自身を徹底的に

改造するような努力の仕方であっても苦痛は苦痛でしょうが

修業僧のような生活態度で淡々と努力を重ねていけます。

sponsored link

無茶な努力と書きましたが、無茶であればあるほど

リターンが大きくなるとも言えます。

ただこのタイプの人で太陽と第8ハウスのサイン(星座)関係が

スクエアになる人は、一発狙いをするための無茶は避けた方が

良いでしょう。

やれば出来ますが、貯めた努力部分がないとリスクやコストの

割には、成果が長続きしません。

サイン(星座)関係というのは、度数を考慮しないざっくりとした

サイン(星座)同士の相性です。

例えば、牡羊座と蟹座はサイン(星座)としては、スクエアです。

もちろん牡羊座と言っても牡羊座29度とかであれば、かなり

牡牛座的なニュアンスは強くなってはいますし、人によっては

どこかにインターセプトがあればかなり変わったバランスに

なりますから、個別の詳細部分はしっかりと検討して下さい。

ただだ美8ハウスの性質が第2ハウスで活かされる意味自体は

変わりません。

このようなタイプの人は、かなり強引な方法でも通すところが

ありますが、それもありになります。

それは運勢的に許されると言った意味ではなく自分自身の個性

としてやってしまうだけですから、後々困らないように

ほどほどにすべき部分です。

あくまでも自分自身の正当な努力の範囲で留めておく方が無難です。

そうでないと次の成果に移り難くなります。

そうは言ってもけっこうやってしまうのが、この手のタイプの人

ですから、その辺りの加減に是非注意を払って下さい。

運どころか具体的な成果の継続性がまるで違ってきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!