パートナーの月がハードアスペクトの人

sponsored link

パートナーの月が土星やトランスサタニアンとハードアスペクト

を持っている人のお話です。

土星やトランスサタニアンとハードアスペクトを持つ月の真の姿

と言う記事に

「0歳から7歳の月の年齢域は、存在自体がアンテナとも

言えるでしょう。

・・・・・・

そしてその時期だけは、自分自身で能動的に繋がなくても

人と物を含むありとあらゆるものを環境を通して

吸い込みます。」と書きました。

この時に両親や祖父母を初めとする様々な影響を吸い込みます。

祖父母に関しては、生まれる前に亡くなっていても

その影響を吸い込みます。

パートナーの月がハードアスペクトの人は、両親や祖父母の

影響に見合うようなパートナーと縁がある傾向があります。

これがどういうことを意味するのか?

意味は複数ありますが、その一つとしてパートナーを通して

その影響を与えている同じような気持ちの在り方と

向き合うためです。

イメージし易い例で言えば、親や先祖の苦しみを浄化

するため癒すためにパートナーと愛し合うのです。

もちろんパートナーとの愛が親や先祖を癒すために

あるわけではありません。

そのような部分も込みになるという意味です。

しかしそのような苦しみみたいなものも自分自身の

一部であり、それと同時に様々な恩恵を両親や祖父母を

初めとする先祖代々の存在から受けているからこそ

個人として成立しています。

もちろん両親から虐待されて苦しんでいる人たちも

沢山いるでしょう。

sponsored link

このブログは、生き辛い状態を念頭に置いて書いています。

そのような状態においては、悪い意識が飛び交う影響を受けて

豊かさが隠された状態です。

豊かさには、様々な種類がありますが、虐待されるような

状況にある場合は、与えられる豊かさよりも自分自身に

内蔵されている豊かさに注目した方が上手くいきます。

そのような状況から素晴らしい世界に飛び出すための

何らかの資質があるはずです。

パートナーの月がハードアスペクトの人は、より深く愛について

掘り下げる機会が多くなりがちです。

しかしそれはネガティブなことではありません。

ネガティブなままで放置して良いことではありません。

時にはどこかでその関係性を切る必要がある場合もあるでしょう。

しかしそれはその次に繋がるようなものであることが大切です。

愛は、特に月という愛には、選択の自由がなく

少しずつ浄化されたり癒されることで前に進みます。

次の良い出会いに繋がります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!