自閉症や多動症と気

          sponsored link



自閉症とか多動症として診断される子供たちがいます。

実際に病気であれば仕方がないのですが、成長と共に

個性の範疇に収まっていく人もけっこういらしゃいます。

ただしそのような個性は、時としてやはり同じような

ことは行います。

しかし決して病気とは言えません。

何が普通かは、周囲の人の都合によって決まりますから

子供にとっては、どのように扱われるかは運次第です。

占星術的に考えると親のサイン(星座)の価値観に合わせて

強制されることは、子供にとってはよくあることです。

親も子育ては不安ですから子供がイメージした通りに

振る舞ってくれないと何とか修正しようとして様々な

方法を行います。

この時に叱ったり、罰を与えたり、殴ったりということも

あれば、何らかの習い事をさせることもありますし、

病院に連れていくこともあります。

ありのままに子供の個性を伸ばすということは至難の業です。

子供の数が少なければ一人の子供に多くのエネルギーを

かけることも出来ます。

年配者の方々のお話を聞くと子供は子供同士で成長するしか

ない時代もあったようですが、現代はそうではありません。

子供同士だけで様々なことをするのですから自由と言えば

かなり自由ですし無茶も多くなりますが、そこには

一つ大きなメリットがあって自分自身の「気」の扱い方を

身に付けられるということです。
          sponsored link



あくまでも病気ではなく個性という前提で書いています。

どのような難しいホロスコープであっても自分自身で

扱えるようにならばければ不利益を被るのは、自分自身です。

難しいホロスコープを持っている人ほど試行錯誤が

必要になります。

何かにすんなりと収まれるのならば、本人自身も楽ですが

それが出来ない事情がある場合は、人生の早い段階で

自分なりにコントロールする方法を見つけないと

他の人よりも確実に不利益を被ります。

目立つ個性、修正そのものが困難な個性であれば、それが

良い作用として働く環境に自分自身が移動することも出来ます。

必ずしも何かに収まっていくだけが道ではありません。

このような選択と行動は、日頃からこまめにやっていないと

そうしようと思ってもなかなか出来るものではありません。

仮にホロスコープを詳細に見てこの部分の個性の扱いが

難しいと理解してもそれを自分自身にとって都合良く動かす

ためには、思った通りに気が動かないと無理です。

これは自分自身の利益になるから頑張ろうと思っても

なかなか難しいのが人間です。

この記事では「気」という表現を使っていますが、一般的には

意思の強さや自制心みたいなことになるのかも知れません。

しかし意思を力づくで使うと疲れますし場合によっては

ストレスで本当に病気になることもありますから、自分自身で

少しずつ気の通り道を作っていって自然に望む形を実行出来る

ようにしておくことがお勧めです。

難しいホロスコープほど他人のやり方ではなくオリジナリティーが

必要になりますが、普通に暮らすために自然と出来上がった

オリジナリティーは、別な利益を生み出してくれます。

これは特別な方法ではなくちょっと個性的な人であれば

誰でもやっていることです。

気力や体力で様々なことを行うのではなく「気」が

そのように動くようにしておけばそんなに疲れません。

これは特別な努力によって行われるものではなく一定の自由の中で

試行錯誤する間に自然と身に付く快適に過ごす方法です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!