本当に相性が良いかどうか判断するヒント

sponsored link

リリスと火星の合の相性が何倍も重要になる場合

という記事では、リリスと火星の相性について

書きましたが、今回は金星で考えます。

恋愛の相性と言えば金星と火星のセットですが、

更に絞ると最初は、金星(星座)ではないでしょうか。

例えば金星の相性がコンジャンクションでかなり

良いように思えても水瓶座の金星で第2ハウスに

あればある程度、出会いと別れを繰り返し易い

傾向はなかなか消えません。

嫌になって別れると言うよりも自然に窮屈な感じが

増してきて自然に友達に戻ってしまうようなことも

あるかも知れません。

本当に相性が良ければ付かず離れずでいい感じの距離感を

保つということもありですが、それでもそのような安定感を

得るまでに、極端に嫌いになったわけでもないのに

何人かの相手と交際をした方がそのような運命の相手と

出会う確率が高くなります。

このようなタイプの人は、知ってか知らずか無意識に自由な

スタンスで恋愛をしながら次第に自分自身にとって愛とは

何なのか確かめていきます。

もちろん金星は受身ですからこれは作為的なプロセスではなく

恋愛関係を重ねながら自然にそんな感じになっていきます。

sponsored link

金星が天秤座であれば個性がどうのこうのと言う前に

自分自身の金銭的な物差しのラインを超えてこないと

そもそも恋愛対象にもならないでしょう。

金銭的な物差しは、ルックスと入れ替えられる場合もあります。

相性を考える時にシナストリーは有効な判断ポイントを

教えてくれますが、そうなるとかなり沢山の人と相性が

良くなりますから、実は仲の良い友達レベルの相性と言えます。

記事タイトルを「本当に相性が良いかどうか判断するヒント」と

したのは、金星一つとっても星座とハウスだけで様々な見方が

ありますし、これにアスペクトが加わります。

コンジャンクションが最も良い相性と言いたいところですが、

セクスタイルの相性で金星や火星の持つアスペクトが

同じの方が良い場合もあります。

極端なことを言えば同じ金星星座であっても一人はヨッドの

頂点で、一人は月とトラインとかであれば似て非なる金星の

性質になってしまいます。

これでは長くは続かないでしょう。

金星や月に厳しいアスペクトを持っているタイプの人は、

相手も太陽やノード軸のような部分にきついアスペクトを

持っていた方が本気でやり合うようなことがあっても

お互いタフですから共に成長していけます。

相性は、ある意味神秘であり、スピリチュアルな影響もありますし

何回か交際することで変わって来る部分もありますから、本当に

総合的に考えるしかないものです。

ですからある程度相性が良さそうであれば無理せずに関係性を

深めていくことをお勧めします。

恋愛関係が良くない結果になるタイプの人は、結論が先にあって

相手自体に関心を寄せていない傾向があります。

これは最終的な幸せを考えると別れる別れないよりもずっと大切です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!