相性や適職で見落としがちな重要ポイント

sponsored link

第1ハウスの記事

「アセンダントのサインの支配星がどこのハウスに

あるかも重要です。

生まれつきの資質がどこに向かって発展しようと

しているかは支配星の位置で考えるからです。」

とあります。

愛情運の場合

太陽サインや月サイン、金星サインや火星サインで

相性が良くても合わない場合、別れてしまう場合が

あります。

これには第1ハウス(アセンダント)が大きく

関わっています。

例えば第9ハウスに太陽(夫)がある女性は、

第1ハウスの支配星がが第9ハウスの男性を

伸ばせます。

伸ばせるというのは役割でも上下関係でもなく

命が育つことはお互いの相性の良さを示します。

女性は自分の第1ハウスの支配星のあるハウスと

同じハウスに月がある男性が自分そのものを

伸ばしてくれます。

男性パートナー、女性パートナーのどちらが

相手を伸ばしても良いのですが、どちらか

一方と考えれば良いです。

仕事運の場合

第2ハウスや第6ハウス、MCを確認しても

そもそもの自分が伸び易い場所を無視したら

どこかで駄目になりかねません。

第1ハウスの支配星が第9ハウスにあるのに

第6ハウスが示すような働き方は合わない

かも知れません。

sponsored link

この見方は実際のその人の生き方と象意を

照らし合わせる必要があります。

例えば第9ハウスを学術研究とします。

(他にも第9ハウスの象意はあります。)

その人がサラリーマンやOL(第6ハウス)であれば

不完全燃焼する可能性があります。

会社を辞めて大学院に行くのもありかも知れません。

研究職はそんなに甘くはありませんから、大学院に

行くだけでは第9ハウス的環境は手に入りませんが

イメージとしてはこんな感じです。

支配星のあるハウスの探し方

第1ハウスが牡羊座の場合は、火星のあるハウスです。

第1ハウスが牡牛座の場合は、金星のあるハウスです。

第1ハウスが双子座の場合は、水星のあるハウスです。

第1ハウスが蟹座の場合は、月のあるハウスです。

第1ハウスが獅子座の場合は、太陽のあるハウスです。

第1ハウスが乙女座の場合は、水星のあるハウスです。

第1ハウスが天秤座の場合は、金星のあるハウスです。

第1ハウスが蠍座の場合は、冥王星のあるハウスです。

火星のあるハウスも考慮します。

第1ハウスが射手座の場合は、木星のあるハウスです。

第1ハウスが山羊座の場合は、土星のあるハウスです。

第1ハウスが水瓶座の場合は、天王星のあるハウスです。

土星のあるハウスも考慮します。

第1ハウスが魚座の場合は、海王星のあるハウスです。

木星のあるハウスも考慮します。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!